宮原知子さんは歯列矯正経験者!ワイヤー矯正で綺麗な歯並びになりました

m1

平昌オリンピックで四位入賞を果たしたフィギュアスケーターの宮原知子選手。
宮原選手は、かつて表側の矯正装置をつけて歯並びを治していました。

フィギュアスケーターのように選手のビジュアルも重要な競技の場合、歯並びの矯正は大切です。
海外選手はもちろん、近年では日本人選手も歯を治しています。
王者羽生結弦選手も、過去歯列矯正をしていました。

スポンサーリンク

歯列矯正中の宮原知子選手の歯並びの画像

m2
こちらが歯列矯正中の宮原選手の歯並びの画像です。
歯ひとつひとつが大きく、歯が綺麗に並ぶスペースが不足し口元がゴボってしまっています。
四番を抜歯して前歯を後方へ移動させる、オーソドックスな抜歯矯正をしたのでないでしょうか。

現在の宮原知子選手の歯並びの画像

m3
こちらが現在の宮原知子選手の歯並びの画像です。
綺麗な歯並びになりました。
色も白くていいですね。

宮原選手のようなアスリートの場合、審美的な面だけでなく競技で実力を発揮するという観点からも歯列矯正は意味があります。
なぜなら、噛み合わせが良くないと上手に力むことができないからです。
サッカーのクリスティアーノ・ロナウド選手や元日本代表の中田英寿選手が競技パフォーマンスを向上させるために噛み合わせの治療をしたことは有名ですね。

宮原知子選手のような白く綺麗な歯になる方法

宮原知子選手のような綺麗な歯になるには、どうすれば良いでしょうか。

オフィスホワイトニングもホームホワイトニングの経験もあり、さらに50種類以上のホワイトニング歯磨き粉を試してきた、綺麗な歯並びとホワイトニングマニアな私が解説しましょう。

まず、芸能人がよくやる自分の歯を大きく削ってからセラミックの差し歯を入れる方法(セラミッククラウン)はオススメしません。
なぜなら自分の歯を削るため健康上のリスクが非常に高く、また費用も数十万円〜と高額だからです。
とはいえ歯列矯正も100万円近い費用がかかりますので、誰にでもできるわけではありません。

スポンサーリンク

そこでまずは、歯のホワイトニングをすることをオススメします。
たとえ歯並びが乱れていても、歯が白いだけで清潔感が段違い。
一気に顔が垢抜けます。

最も安く最も安全にホワイトニングをするには、ホワイトニング歯磨き粉の薬用オーラパールを使うのがベストです。
歯の色の変化
これは私の歯のビフォーアフターです。
オーラパールを使うと歯がツートーンほど白くなります。
2ヶ月ほど使っていると、次第に歯が白くなるのが分かります。
111
日本人の歯の明るさはシェードのA3.5くらいが平均ですが、これがツートーン明るいA2になれば、かなり印象も変わります。
私は1年ほどオーラパールを使っていますが、今ではA1以上に白くなっています。

オーラパールは以下の公式サイトから定期便で購入するのが最もお得です。
全薬工業のネットショッピングならコンビニ後払いも選択できますので安心です。



価格は1ヵ月あたり1700円。
歯磨き粉にしては高いと感じる方もいるかもしれませんが、セラミックの差し歯や歯列矯正は100万円以上しますので、それらと比較すれば驚くほどお手頃です。
まずは手軽で安全なオーラパールを使ってみて、それでも白さが足りないと感じた場合に歯科医院で医療ホワイトニングをすればよいのです。
月1700円で白くて健康な歯が手に入ると考えれば、これは非常にお得ですね。

スポンサーリンク
ブログランキング

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)