【歯列矯正と親知らずの抜歯】親知らずを抜くタイミングと費用、痛みについて

Fotor_15101232270065

歯列矯正に伴い親知らずを抜くことは多いものです。
綺麗に親知らずが生えていて噛み合っているならまだしも、たいていの場合は矯正後の後戻りや虫歯・歯周病リスクを考慮して抜歯されます。

歯並びや治療方針によって親知らずを抜くか否か、いつ抜くかといったタイミングは異なります。
一般的には動的治療開始前に親知らずを抜歯するケースが多いですが、矯正後に親知らずを抜く場合もあります。

親知らずの抜歯は、人によっては大掛かりな処置になるので不安な方もいるかと思います。
痛みや費用なども気になるところですよね。
そこで今回は歯列矯正に伴う親知らずの抜歯のタイミング、痛み、費用などについて投稿します。

スポンサーリンク

親知らずの抜歯が必要な理由①

歯列矯正において何故親知らずを抜くのかというと、一つは親知らずを放置しておくと矯正後に歯並びを乱す可能性があるからです。

親知らずを含め歯は一生を通じて動き続けますが、動的治療後に親知らずが手前の歯を押し歯列全体を悪化させることがあります。

せっかく大金をかけて辛く長いブラケット生活を耐え忍び歯並びを綺麗にしたのに、そんなことになったら悲しすぎますよね。
そうならないためにも親知らずの歯並は必要なのです。

親知らずの抜歯が必要な理由②

歯列矯正において親知らずの抜歯が必要な理由、2つ目は虫歯・歯周病リスクです。

親知らずは綺麗に生えていないことが多いので、歯ブラシが届かずプラークコントロールが上手くできません。
その結果親知らずが虫歯や歯周病になり、他の歯に虫歯菌や歯周病菌が移る可能性があります。

特に歯周病は日本人が歯を失う原因の1位で成人の多くが罹患している地味に恐ろしい病気です。
初期の頃は自覚症状も出ず、沈黙の病とも言われています。
そういったリスクを減らすためにも親知らずを抜歯する必要があるのです。

親知らずを残すケースとは?

歯列矯正において親知らずは抜歯されるのが基本です。
しかし、まれに親知らずを抜かないこともあります。

綺麗に生えていていて歯列を乱す可能性が少なく、噛み合わせに参加していれば親知らずを抜歯しないこともあり得ます。

歯列矯正においては4番が抜歯されることも多いので、歯がさらに減ってしまうことから歯科医師によっては親知らずを抜くことに消極的な方もおります。
この辺は人によりけりですね。

また親知らずを残しておけば、他の歯にアクシデントが起きた際に移植できる可能性もあります。
そういったことも含め、親知らずを抜くか否かの判断が必要です。

スポンサーリンク

親知らずは矯正前に抜く?矯正後に抜く?

一般的には動的治療開始前に親知らずを抜くことが多いです。
上下左右の4番を抜いて親知らずも抜くとなると計8本の抜歯が必要となります。
これはなかなか大変ですね。
でも、抜歯矯正を経験した人はみんな乗り越えているので頑張りましょう。

ブラケットオフ後に親知らずを抜歯することもあります。
動的治療で親知らずを利用したり矯正後に様子を見て、やっぱり抜歯が必要と判断されたりですね。
まれに歯列矯正中に親知らずを抜くこともあるそうです。

親知らず抜歯の費用

保険が適応されれば親知らず1本につき5000円程度のところが多いですが、これは歯科医院と患者の親知らずの状態次第ですね。

私は2本同時に親知らずを抜歯しましたが2500円しかかかりませんでした。
ただし、抜歯前の検査やレントゲンで5000円くらい支払いました。

親知らずが埋没している人の中には入院して大掛かりな手術が必要な人もいますが、そうなると話は変わってくるでしょう。

親知らずの抜歯って痛いの??

親知らずについて検索している人の最も気になることは、親知らずの抜歯の痛さや腫れ、出血がどれほど続くかということかと思います。

「親知らず 抜歯 痛み」
「親知らず 腫れ」
「親知らず 出血」
「親知らず ドライソケット」
等のキーワードで検索すると結構ハードな体験談も見かけます。

痛さは主観的なものですし、あまり不安な気持ちにさせるのもあれですが、一例として私の経験をお話しします。

私は方顎2本同時に親知らずを抜歯しましたが、麻酔が効いていたので抜歯の痛みはありませんでした。
抜くのにかかった時間は上顎5分、下顎15分程度でしょうか。

根が深いのでペンチのような器具でメリメリ引っこ抜きました。
抜歯自体の痛みよりも、顎を押さえられる痛みの方が強かったくらいです。
その後もロキソニンを飲んでいたので、親知らずの抜歯による痛みはほとんど感じませんでした。

出血は翌日までトボトボ出る感じで、一週間ほどは唾に血が軽く混じりました。
抜歯当日はウィダーインゼリーとポカリでしのぎましたが、翌日には抜いていない顎を使い普通の食事をすることができました。

腫れることもほとんどなく、総じて私のケースは親知らずの抜歯はそれほど大変ではなかったようです。
ただ、抜歯当日は微熱が出たり、珍しく肩が凝ったりしましたが。

親知らずを抜くなら口腔外科で

かかりつけの歯医者さんで親知らずを抜いてもらうのもいいですが、できれば口腔外科を扱っているクリニックで抜いてもらうのが良いと思います。

また、口コミサイトだけでなくグーグルのレビュー等、多角的にそのクリニックの評判をチェックしてみるのが良いですね。

スポンサーリンク
ブログランキング

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)