出っ歯を安く早く治そうとすると高くつく?!

iianff84-9c-anthony-delanoix

出っ歯は日本人に特に多い噛み合わせです。
なぜなら遺伝的に日本人は欧米人と比較すると、顎に対して歯のサイズが大きく、歯が綺麗に並ぶスペースがないからです。
窮屈な口内で歯列が乱れて、歯が前へ傾いてしまうのです。
親が出っ歯なら子も出っ歯。
日本人の出っ歯遺伝子は、脈絡と受け継がれていくのです。

そんな出っ歯は上顎前突、上下顎前突などと診断され、矯正歯科では最も一般的な治療のひとつです。
四番を抜歯してそのスペースで前歯を下げて出っ歯を治療しますが、期間にして2〜3年、費用は100万円ほどになります。

長期にわたる治療と金銭的な負担から、安く早く出っ歯を治してしまいたいと考えている人も多いかと思います。
しかし結論から言いますと、安く早く治そうとすると結果として高くつくことになりかねません。
今回は出っ歯を安く早く治すことの問題点について投稿します。

スポンサーリンク

出っ歯を安く治す方法

出っ歯の人は、自分の前歯に特にコンプレックスを持っている人が多いはずです。
実際には奥歯の噛み合わせが合っていなかったり下の歯がガタガタ乱れているものですが、出っ歯に気をとられてしまい、それらの点は目に入ってきません。

前歯さえ綺麗なら……と考えている人が安く出っ歯を治そうとすると、まず部分矯正を考えるかと思います。

しかし、この部分矯正がなかなか難しい。

なぜかというと、基本的に出っ歯は前歯だけでなく全体の噛み合わせの問題なので、前歯だけを整えることはできないからです。
無理に前歯だけ治しても後戻りしてしまったり、特定の歯に過度に負担がかかったりして歯の寿命が短くなりかねません。

スポンサーリンク

部分矯正を宣伝に使っているクリニックも部分矯正はあくまで集客のフックとしているだけで、実際にカウンセリングを受けると噛み合わせの理由から全体の矯正を勧められることが多いはずです。
部分矯正は一部の限られた症例にしか適応しないので、一般的な出っ歯の治療で使うのは難しいでしょう。

出っ歯を早く治す方法

出っ歯を早く治したい人がインターネット等で検索して辿りつくのは、クイック(セラミック)矯正という方法です。
これは自前の歯を削り、セラミックの被せものをすることで前に傾いていた歯を綺麗な見た目に整える方法です。

クイック矯正では全体の噛み合わせを治すことはできませんので、完全に見た目を整えるための施術になります。

噛み合わせの問題だけでなく、健康な歯を削るので歯の寿命が短くなったり、メンテナンスで思わぬ追加費用がかかったり、トラブルが多いことでも知られています。
クイック矯正は芸能人等、今すぐにでも見た目を整える必要がある人以外はすべきではありません。

出っ歯を安く早く治そうとすると、高くつく?

このように部分矯正、クイック矯正ともに、それぞれ問題があります。
部分矯正、クイック矯正で思うような治療結果を得られずに通常の矯正をする人もいます。
すると、さらにお金も時間もかかったり、それだけでなく、身体への負荷もかかることになります。
はじめから普通に矯正していれば……なんていうことになりかねません。

もちろん、歯列矯正にはお金がかかります。

ですから、ある程度に目途がつくまでは貯金をするなりして長期戦を覚悟しましょう。
その上で今ある歯の状態を少しでも良くするよう、歯磨きとデンタルフロスでプラークコントロールをしていくのが賢明な選択といえます。

スポンサーリンク
ブログランキング

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)