歯の汚れを自宅で簡単に落とす方法

319h

赤ワインやコーヒー紅茶をよく飲む人や、カレー等の色の濃いものを頻繁に食べる人は、歯に汚れ(ステイン)が付着しがちです。

ステインは研磨剤の無い歯磨き粉では落ちず、研磨剤入りの歯磨き粉を使ってもピンポイントで落とすのが難しかったりします。

歯磨き粉以外では、ステインクリーナーと呼ばれる器具や歯科医院でのクリーニングで綺麗にすることもできますが、なるべく自宅でササッと手軽に落としてしまいたいもの。

実は、綿棒を使えば簡単に自宅で歯の汚れを落とすことができるのです。

スポンサーリンク

綿棒に研磨剤入り歯磨き粉を数ミリ出してこするだけ

歯の表面についた汚れは綿棒と歯磨き粉て簡単に落とすことができます。

用意するものは、綿棒と研磨剤配合の歯磨き粉。

綿棒はどこにでも売っている、ごく普通のもので構いません。
荒い研磨剤の歯磨き粉でゴシゴシこすると、歯を傷付けますので注意が必要です。

歯磨き粉の推奨はブリリアントモアとルシェロのホワイト
参考ルシェロ「ホワイト」はホワイトニング歯磨き粉の最高到達点 タバコのヤニも落とせるのでスモーカーにもオススメ
参考ブリリアントモアの研磨剤の有無とホワイトニング効果

ルシェロのホワイトであれば、タバコのヤニを効果的に落とす成分が含まれていますので、喫煙者で歯の汚れにお悩みの方にもオススメです。

なぜ歯ブラシよりも綿棒の方が汚れが落ちやすいのか、そのメカニズムは不明ですが、歯の根本についたステインなど、歯ブラシではなかなか落としにくい汚れを効率よく掃除できます。

スポンサーリンク

コーヒーや紅茶をよく飲みステインに悩まされている方は、通常の歯磨きに加えて綿棒でのステインを落としメンテナンスするのが良いでしょう。

頑固な歯石や歯の内部に沈着した色素は落とせない

綿棒と研磨剤で汚れを落とす方法は、あくまで歯の表面についたステインを落とすものです。

頑固な歯石や、歯の内部の色素沈着等を除去することはできません。

これらは歯科医院でスケーリングしてもらうなり、ホワイトニングなりをしないと白くなりません。

歯にこびりついた歯石を無理矢理自分で取ろうとすると歯や歯茎を痛めますので、クリニックでクリーニングしてもらいましょう。

ステインが蓄積しないような習慣が大切

ステインが蓄積すると、歯が黄ばみ清潔感が失われます。
場合によっては人に不快感を与えてしまいかねません。

私たちは日々の飲食の中でどうしてもステインが付着してしまいますので、ステインが溜まらないような習慣が大切になります。

例えば、色の濃い飲食の前後は水で口をすすぐことで着色を多少防ぐことができます。

また普段使う歯磨きをブリリアントモアやルシェロのホワイトにするだけでも効果を感じるはずです。

ホワイトニングはハードルが高くても、ステインの除去は自宅で簡単にできるので、まずはステイン落としからはじめてみるのはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
ブログランキング

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)