出っ歯はマウスピース矯正では治らない理由

photo-1463149612395-6a0defd74a42

目立たない矯正といえば、裏側矯正だけでなくマウスピース矯正という方法もあります。

マウスピース矯正はワイヤーを装着しないので取り外しが可能であり、発音障害も起きにくいので近年人気の矯正方法になりつつあります。

その一方でマウスピース矯正は適応症例が限られ、抜歯を伴う治療には向いていないといったデメリットもあります。

今回は、出っ歯をマウスピース矯正で治療することは難しい理由について投稿します。

スポンサーリンク

出っ歯を治すには抜歯が必要

出っ歯(上顎前突)を歯列矯正で治したいという人は、単に機能上の問題だけで無く審美面での悩みも抱えています。

単に出っ張った歯を引っ込め歯並びを綺麗にすれば満足なのではなく、口元の突出感を解消しEラインを整えたいといった外観的な要望も含めて、治療計画を考えなければなりません。

日本人は骨格の都合上、顎に対して歯が大きいので歯が綺麗に整列するスペースが不足しがちです。
そのため矯正治療をするには、抜歯をして歯が並ぶ空間を確保する必要があります。

通例では上下の顎の第一小臼歯が抜歯されます。
これにより6〜8mmのスペースが生まれ、前歯を下げる余裕ができます。
7mm前後前歯を下げると、顔の雰囲気もだいぶ整ったものとなり美人度イケメン度が上がります。

抜歯は見た目の都合のためだけにされるのではありません。

スペースに余裕がないにも関わらず非抜歯で治療すると、窮屈な歯列は乱れ矯正後に後戻りしやすくなります。
口元の突出感が解消されないことと合わせて、非抜歯矯正して後悔したという意見はよく目にします。
参考非抜歯矯正で後悔?非抜歯で失敗する理由とは

スポンサーリンク

マウスピース矯正では歯の大幅な移動が困難

抜歯して7mmほどのスペースが生まれると、歯を大幅に移動させなければなりません。

インビザライン等のマウスピース矯正は、歯の露出している部分に負荷をかけて傾斜的に歯を移動させることはできます。
しかし骨の中にある歯の根を動かしたり、歯を平行に移動させたりするのは困難です。

また矯正治療においては、噛み合わせを合わせるために垂直に歯を移動させることが必要な場面がありますが、マウスピース矯正はこれも苦手としています。

マウスピース矯正は軽度のデコボコを治したり、矯正経験がある人の後戻りを治すには向いています。
しかし抜歯してスペースを作り、複雑な作業をするには力学的にシンプル過ぎて難しいのです。

全ての抜歯矯正をマウスピースで治療できないわけではないが

とはいえ、ネットで検索するとマウスピースで抜歯矯正をやっているクリニックも存在します。

治療する先生の腕次第で不可能ではないのかもしれませんが、オーソドックスなワイヤー矯正の方が成功率が高い治療であえて困難な道に進む必要はないように感じます。

それでもマウスピース矯正を選択する人は、担当する歯科医師にワイヤー矯正の経験がどの程度あるか事前に調べておくことをおすすめします。

というのはマウスピース矯正はワイヤー矯正以上に治療の可否の見極めと、歯の動きの予測立てが必要になるところ、ワイヤー矯正の経験がないと、それができないからです。

その意味では、インビザライン専門のクリニックのようなところよりも、ワイヤー矯正と併用してマウスピース矯正も扱っているクリニックの方が安心度は高いと言えるでしょう。

スポンサーリンク
ブログランキング

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)