オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの比較

photo-1444658293155-105ae40f8278

本格的に歯を白くするとなると、ホワイトニング歯磨き粉や歯科医院でのクリーニングではなく、過酸化水素によるオフィスホワイトニングかホームホワイトニングが必要となります。

ホワイトニングをしたことがない人は、どっちが自分に適しているか、またオフィスとホームの長所短所が分からないと思います。

どちらの方法でも同じように白くすることができますが、費用や手間を考慮すると自宅で行うホームホワイトニングの方が負担が少なく良いと感じます。

今回はオフィスホワイトニングとホームホワイトニング、いずれも経験がある私が、それぞれのメリットとデメリットを比較します。

スポンサーリンク

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの白くなるまでの期間の比較

ホワイトニングは自宅で行うホームよりも、クリニックで施術してもらうオフィスの方が白くなるスピードが早く、その分後戻りも早くなります。

使用するホワイトニングシステムにもよりますが、オフィスなら3〜4回でシェードのB1を目指せます。
予約の都合上施術に間隔があったりするので、シェードのB1までは2週間から1ヶ月はかかります。

これに対し、ホームホワイトニングの場合、ホワイトニング1回につき白くなる程度はオフィスに劣ります。

しかし自宅で毎日自分自身でホワイトニングしますので、ホームであっても1ヶ月もあればB1まで白くすることができます。

ホームの場合は徐々に白くなっていくこともあり、自分では気付かぬ間にだいぶ白くなっています。

私も初めてのホワイトニングはホームホワイトニングで、自分ではまだ白さが足りないと思っていたのですが、気づいた時にはB1になっていました。

なお、オフィスとホームで白さに違いはありません。
時折オフィスとホームの白さの違いについて解説してる情報も見かけますが、違いはないといっていいです。

スポンサーリンク

ただしホームの場合は、自分でホワイトニングするので歯の根本など薬剤を塗布しにくい部分があり、ホワイトニングし始めの頃は若干色ムラが出る可能性はあります。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの費用の比較

オフィスホワイトニング1回につきかかる費用は10000〜30000円です。
ブライトホワイトのように一気に白くするホワイトニングシステムを採用しているクリニックでは、高額な場合もあります。

施術2回目以降は安くなるクリニックも多いですが、B1まで3回通うとなると50000円ほどすることもあります。

これに対し、ホームホワイトニングはネット通販を利用すれば5000〜10000円で済みます。

「クレスト3Dホワイトストリップス プロフェッショナルエフェクト」と「オパールエッセンス」が日本からも気軽に購入できるホームホワイトニングキットになりますが、いずれも安いサイトでは5000円ちょっとで購入できます。
参考オパールエッセンスを安く通販で購入する方法と最安値

費用的にはホームホワイトニングの圧勝です。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの所要時間の比較

オフィスの場合はクリニックへ向かわなければなりません。
施術時間そのものは30分程度ですが、行き帰りの時間や予約しなければならないことを考えると少し手間がかかります。

これに対し、ホームは自宅で行うので気楽です。
クレストなら30分、オパールなら濃度にもよりますが、20%であれば1〜2時間、家にいる間に自由にホワイトニングできます。

私は入浴中の数十分間オパール20%を使っています。
ある程度白くしてしまえばその後は隔週でメンテナンスすればよいだけなので、それほど煩わしさはないと思います。

スポンサーリンク
ブログランキング

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)