芸能人の歯の白さの理由

photo-1460688319791-19e8856a8ff0

テレビに出ている女優や雑誌のモデルの中には異様に歯が白い人がいます。
あの歯はホワイトニングで白くしていると考えている人も多いようです。

しかし天然の歯をホワイトニングで白くしても、通常あそこまで白くなりません。

ではどのような方法を使っているのか。

それは、セラミックの被せ物をしたり人工の歯を貼っているのです。

スポンサーリンク

芸能人の歯は歯列矯正でなくセラミックの歯

芸能人やモデルの場合、自分の歯を矯正してホワイトニングするよりも、セラミッククラウンやラミネートベニアで見た目を整えるのが一般的です。

健康のことを考えれば、自前の歯を矯正してからホワイトニングした方が良いのは間違いありませんが、時間的な制約や審美性を追求すると難しいのだと思います。

セラミッククラウンやラミネートベニアをするには歯を削らなければなりませんが、一度天然の歯を削ると元に戻すことは不可能です。

したがって特別な事情がない限り、歯を綺麗にしたければなるべく削らない方法で治療すべきです。

また、セラミッククラウン等の被せ物は治療後のメンテナンスにも気を使わなければならず、費用の問題もあります。

最近は審美歯科も増えてきており、美容整形クリニックが審美歯科を手がけている場合もあります。

あらゆる治療には長所と短所がありますが、安易にセラミッククラウンで見た目を整えようとするとトラブルも少なくありませんので、治療にあたっては慎重な判断が必要です。

ホワイトニングで真っ白な歯にするのは意外と大変

セラミッククラウンやラミネートベニアでは、好みの歯の明るさを選ぶことができますので、ホワイトニングでは困難な白さの歯にすることもできます。

ホワイトニングシェードでいうところのB1は余裕で超えてW1、W0の歯にしている人も目立ちます。

スポンサーリンク

参考W0,W1,W2,W3,B1,A1……ホワイトニングシェードガイドと白さの目安

天然の歯をW1、W0まで白くするのはなかなか難しい。

歯の質にもよりますが定期的なホームホワイトニングに加え、オフィスでもブライトホワイトのような強力なホワイトニングシステムを使わなければ、真っ白な歯を維持することは出来ないと思います。

私は定期的にオパールエッセンスでホームホワイトニングしていますが、一番白い歯でもB1からW3程度です。

セラミックの歯と違い天然の歯の場合は薬剤がつきにくく白くなりにくい部分があったりするので、それもホワイトニングではセラミックほど真っ白な歯にならない理由です。

真っ白な歯といえば外国人、特にアメリカ人を思い浮かべますが、実は同じホワイトニングをしても、日本人はアメリカ人のような白さにはなりにくいという事情もあります。

これは歯のエナメル質の厚さに原因があり、エナメル質が薄い私達日本人は、エナメル質の内側にある象牙質が透けて見えやすいからです。

エナメル質の厚い欧米人の方が、同じホワイトニングをしても白くなりやすいのです。

矯正+ホワイトニングの芸能人もいる

もちろん、セラミッククラウンやラミネートベニアではなく、歯列矯正+ホワイトニングを選択した芸能人もいます。

歯列矯正やホワイトニングの経験が無いとなかなか見分けることが出来ないとは思いますが、歯の形、上下の歯の生え方、歯の色の調和の具合、歯と歯茎のバランス等から天然か否かだいたい分かります。

セラミックやラミネートベニアの場合は顔や唇と調和がとれていないと不自然な感じになってしまいますので、施術する歯科医師の腕が問われます。

天然の歯は顔や身体同様に個性がありますので、人工の歯のような計算された美しさはありませんが、ナチュラルな魅力があります。

スポンサーリンク
ブログランキング

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)