ブリリアントモアの研磨剤の有無とホワイトニング効果

Fotor_147080541841673

【2017年8月追記あり】

ブリリアントモアはホワイトニング歯磨き粉の中で人気の商品のひとつです。
私もたまに使います。
インターネットで検索してみると使っている人が多く、歯科医師で勧めている方もチラホラ見かけます。

ブリリアントモアは研磨剤に加え、ピロリン酸(ポリリン酸)が歯の着色汚れを浮かして落とします。
さらに、フッ素が虫歯を予防するというなかなかハイスペックな仕様となっています。

成分や機能で競合する商品は、スーパースマイルやルシェロのホワイトあたりですが、これらの歯磨き粉より価格は控えめです。
私も実際使ってみましたが、なかなかコストパフォーマンスに優れた歯磨き粉ですね。

スポンサーリンク

ブリリアントモアは泡立ち控えめ、爽快感もほどほど

ブリリアントモアは他の多くの高機能歯磨き粉同様に低発泡なので、口の中がモコモコになることなく歯を磨けます。
安い歯磨き粉だと、歯を磨いた感を演出するために発泡剤がたくさん含まれていますが、ブリリアントモアはそのようなことがありません。

爽快感も抑え気味で歯磨き後のヒリヒリや味覚の変化も無し。
普段刺激の強い歯磨き粉を使っている人には若干物足りなさを感じることがあるかもしれません。

ブリリアントモアはポリリン酸と研磨剤で汚れを落とす

ブリリアントモアは二段構えで歯の着色汚れを落とします。
ピロリン酸(ポリリン酸の仲間)がステインを浮かせ、研磨剤(無水ケイ酸)が浮かせた汚れ取り除きます。

研磨剤配合とはいえ、最近の歯磨き粉に含まれている研磨剤は粒子が小さく、歯を傷つける心配はそれほどありません。
ただし、酸性の強いものを食べた直後や硬い毛の歯ブラシでゴシゴシ磨くようなブラッシングは、歯や歯茎を傷つけるおそれがあるのでやめましょう。

ブリリアントモアで歯は白くなるか

ブリリアントモアは定期的な使用で歯の汚れを落とし、歯を白くします。
研磨剤が含まれていることから、毎日使用すべきか悩む人もいるかと思います。
使用頻度についてメーカーの公式な説明はありませんが、オフィシャルサイトを見る限り、毎日の使用を想定しているような説明文があります。

【2017年8月追記】
ブリリアントモアを毎日使っていた頃、上顎の一部の歯のエナメル質が薄く削れる事態が発生しました。
歯科医院で調べてもらったところ、研磨剤の影響とのことでした。
エナメル質が削れると、知覚過敏を引き起こしたり虫歯になりやすくなります。
ブリリアントモアの使用は月に2〜3回にとどめ、毎日の使用は控えた方が良いです。

ブリリアントモアの欠点は歯周病対策

ブリリアントモアはステインの汚れを落とすことに関しては優れた歯磨き粉ですが、歯周病対策の有効成分が含まれていません。

歯周病は日本人の成人の約8割が罹患しており、歯を失う最大の原因です。
大人になってからは、虫歯よりも歯周病に気を使うべきであり、その点に若干の物足りなさを感じてしまいます。

ブリリアントモアのベストな使い方

ブリリアントモアは歯の汚れを削り落とす点については優秀ですが、追記に示した通り、毎日使用すると健康な歯まで削ってしまいます。 
月に数回、ステインや茶渋等の気になる所に対し綿棒で取ってピンポイントでこするのが、歯を不必要に傷めず良いですね。

スポンサーリンク

普段の歯磨き粉はブリリアントモアのような研磨剤系ではなく、ハイドロキシアパタイト系を推奨します。
かれこれ4年以上60種類以上の歯磨き粉を試してきましたが、「普段使いはハイドロキシアパタイト系」これが私の結論です。

なぜかというと、歯のエナメル質の主要成分であるハイドロキシアパタイト配合の歯磨き粉を使うと、歯の表面にある肉眼では確認できないミクロな傷が修復され歯が白くなります。

歯の着色汚れは歯の表面のミクロな傷に付くので、ハイドロキシアパタイトで歯を修復、ツルツルにしてそもそも汚れが付くのを防ぐという発想です。
ブリリアントモアのような研磨剤系は長期使用すると、逆に着色しやすくなります。

私はここ1年ほどオーラパールという歯磨き粉をメインで使用していますが、他のどの歯磨き粉よりも調子が良いですね。
論より証拠です。まずは現在の私の歯の様子をご覧頂ください。
オパール
A1よりも白いです。
日本人の平均がA3.5程度なので、白くなっているのがお分かり頂けるかと思います。

オーラパールのココが凄い①
オーラパールを開発した全薬工業は風邪薬『ジキニン』で有名な大手の製薬会社です。
製薬会社ならではのアプローチで歯磨き粉にハイドロキシアパタイトを高濃度で配合、歯を白くします。

さらに、オーラパールには歯周病に対する有効成分も含まれています。
アパガード等の他のハイドロキシアパタイト系歯磨き粉には歯周病に対する有効成分が含まれていません。
オーラパールはホワイトニング機能だけでなく、歯周病に対する有効成分も含まれているので安心です。

オーラパールのココが凄い②
オーラパールには口臭予防やエイジングケアに特化した9種類もの有効成分が含まれています。
ハイドロキシアパタイト系の歯磨き粉で、これほどの高機能歯磨き粉は他にありません。

また、使用感は低発泡なのにやや辛口。爽快感があり素晴らしいです。
アパガードリナメルも良い歯磨き粉ですが、爽快感がなさ過ぎ歯を磨いた感じがしません。

なお、オーラパールは以下の公式サイトから定期便で購入するのが最もお得です。



1ヶ月あたり1700円。
その辺のドラッグストアで売っている歯磨き粉より高価ですが、アパガードリナメル等の高級歯磨き粉と同じくらいです。
3000円、4000円する化粧水や美容液を使っている人は少なくないはずです。
健康と美という人生を確実に豊かにするものへの投資と考えれば、月々1700円は決して高くありません。

支払いは請求書後払いも可能なので安心安全。
是非とも試してみてほしいと思います。

スポンサーリンク
ブログランキング

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)