アパガードリナメルのより効果的な使い方

photo-1467321440926-b06b94a6a167

虫歯や歯周病の予防、知覚過敏の緩和、口臭対策、ホワイトニングなど、歯磨き粉のパッケージには様々な効能が書かれている。
数多ある歯磨き粉だが、アパガードリナメルをはじめとするハイドロキシアパタイト系歯磨き粉には、他の一般的な歯磨き粉には無い特徴がある。

アパガードリナメルは歯と同じ成分であるハイドロキシアパタイトが配合されており、歯面のミクロな傷を修復する。
歯が丈夫になったり、着色しにくくする効果がある。

そして、その効果をより高めるには歯磨きの仕方にもちょっとした工夫が必要となる。
そこで今回はアパガードリナメルの効果と、より効果的な使い方について投稿する。

スポンサーリンク

アパガードリナメルのホワイトニング効果

一般的なホワイトニング歯磨き粉は研磨剤やポリリン酸で歯の着色汚れを落とし、歯を白くする。

これに対しアパガードリナメルは、着色しにくい歯を作ることにより歯を白くする。
着色汚れはエナメル質の傷に付着するが、ハイドロキシアパタイトが目に見えない細かな傷を修復し、ツルツルな歯を作る。
アパガードリナメルを使い続けることにより、ステインの付きにくい白い歯になっていく。

アパガードリナメルの知覚過敏緩和効果

知覚過敏とは、エナメル質が薄くなっていたり傷ついていることが原因で飲食の際に歯がしみることをいう。

歯はエナメル質、象牙質、セメント質、歯髄から出来ているが、象牙質の7割、エナメル質のほぼ全てがハイドロキシアパタイトである。
ハイドロキシアパタイト配合のアパガードリナメルで毎日歯を磨くことにより、徐々に歯が強化されて知覚過敏が緩和していく。

アパガードリナメルの虫歯予防効果

口の中には1000億以上の膨大な数の細菌が生息している。

虫歯はミュータンス菌などの細菌が酸で歯を溶かすことで起こる。
これを脱灰というが、ミュータンス菌は糖分をエサに酸を出すので食後は速やかに歯を磨く必要がある。

唾液には脱灰した歯を修復する再石灰化という作用があり、アパガードリナメルに含まれるハイドロキシアパタイトは再石灰化を促す効果がある。

アパガードリナメルのフッ素と研磨剤の有無

一般的な歯磨き粉には虫歯予防のためフッ素が含まれているが、フッ素はハイドロキシアパタイトと結合して固まるので、アパガードリナメルにはフッ素は含まれていない。

また、歯を研磨する目的の研磨剤はアパガードリナメルには含まれていない。
フッ素否定派の人でも使用できるアパガードリナメルは歯に優しい歯磨き粉といえる。

アパガードリナメルのより効果的な使い方

アパガードリナメルは歯磨き粉であると同時に歯の修復剤でもあるので、口の中である程度の時間留まらせておくことが望ましい。
したがって朝の時間に余裕がない時よりも、夜ゆっくりできる時に時間をかけて歯磨きした方が効果を発揮する。

すすぎも軽く1、2回する程度の方が有効成分が歯に残る。
とはいえ、歯磨き後はしっかりすすがないと気持ち悪い。
妥協案として、1回目にしっかりアパガードリナメルで歯磨き&すすぎをして汚れを落とし、フロスを通してから、2回目にトリートメント感覚でアパガードリナメルを歯の表面に塗布、その後軽くすすぐといった使い方がおすすめ。

スポンサーリンク

アパガードリナメル効果なし?

アパガードリナメルの効果を実感するには、3ヶ月程度は使い続ける必要がある。
歯磨き粉は医薬品ではないので、即効性はない。

アパガードリナメルで物足りない人にはオーラパールを勧める

アパガードリナメルが優れた歯磨き粉であることは間違いないが、いくつかの点で物足りないのも確かだ。

まず、爽快感がない。
マイルドな処方なのは嬉しいが、それにしても爽快感がなすぎる。
もう少しだけ歯を磨いた感がほしい。
それと、歯周病対策が弱いように感じる。
歯周病は成人の8割が罹患していると言われる国民病で、虫歯以上にケアする必要がある。
さらに、ホワイトニング効果も感じにくい。

その点、私がここ1年ほどメインで使用しているオーラパールという歯磨き粉をはアパガードリナメルよりも調子が良い。
論より証拠。まずは現在の私の歯の様子をご覧頂きたい。
オパール
A1よりも白い。
日本人の平均がA3.5程度なので、かなりホワイトニングされているのがお分かり頂けるだろう。

オーラパールのココが凄い
オーラパールを開発した全薬工業は風邪薬『ジキニン』で有名な大手の製薬会社だ。
製薬会社ならではのアプローチで歯磨き粉にハイドロキシアパタイトを高濃度で配合、歯を白くする。

さらに、オーラパールには歯周病に対する有効成分も含まれている。
アパガード等の他のハイドロキシアパタイト系歯磨き粉には歯周病に対する有効成分が含まれていない。
日本人が歯を失う原因の1位で、30代の8割が罹患している歯周病は絶対にケアしなければならない問題である。
その点、オーラパールはホワイトニング機能だけでなく歯周病に対する有効成分も含まれているので安心だ。

味はほどよい塩味でキリリとした爽快感がある。
無味無臭のアパガードリナメルとは違い、気分が爽快になる。

オーラパールは以下の公式サイトから定期便で購入するのが最もお得。



1ヶ月あたり1700円。
その辺のドラッグストアで売っている歯磨き粉より高価だが、アパガードと大差ない。
健康と美という人生を確実に豊かにするものへの投資と考えれば、月々1700円は決して高くはない。

支払いは請求書後払いも可能なので安心安全だ。
アパガードに飽きた方や、他のハイドロキシアパタイト系の歯磨き粉を使ってみたい方には是非とも試してみてほしい。

スポンサーリンク
ブログランキング

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)