後戻りした歯をマウスピース(エシックス)にて再矯正中

263H

前回、半年ぶりの定期検診にて歯並びが後戻りしていたことが発覚したと投稿しました。
原因はリテーナーの変形にありますが、なぜリテーナーの形が変わってしまったのか、いまだに理由はよく分かりません。

後戻りの症状は3番と5番の間、すなわち4番抜歯のスペースが再び開いてきたというものです。
したがって、今後はこのスペースをマウスピースで閉じていくことになります。

スペース自体は3mm程度であり、頂いた新マウスピース(エシックス)をはめているのですが、予想以上に早くスペースが埋まってきています。
この調子なら、ブラケットオフ直後の状態まで戻すのにそう時間はかからなそうです!

スポンサーリンク

後戻りの発覚が遅れたもう一つの理由

リテーナーが柔らかくなるという謎の現象により私の歯並びは後戻りしてしまいました。
毎日使用していたリテーナーなので変形に気づかず後戻りの発覚も遅れたのですが、今にして思えば発覚が遅れた原因がもう一つあります。
それはホワイトニング用のトレー(マウスピース)です。

オパールエッセンスを塗布するためには、ホワイトニング用のマウスピース使用します。
このマウスピースが問題なくはまっていましたので、後戻りに気付かなかったのだと思います。
しかし、先日もらった新マウスピースと比較すると、ホワイトニング用のマウスピースはペロンペロンに柔らかい。
これでは、少々歯が動いてしまっていても余裕で装着できてしまいますね。
以前私は、ホワイトニング用のマウスピースにもリテーナーのように矯正後の後戻りを防ぐ機能があるのか疑問に思ったことがあるのですが、これではっきりと分かりました。
ホワイトニング用のマウスピースはリテーナーのように歯を固定する力はありません。

スポンサーリンク

エシックス矯正とは

今回の件で知りましたが、マウスピース矯正にはインビザラインやアソアライナー以外にエシックスというものがあります。
少し調べてみると、エシックスはインビザライン等と比較するとローテクなマウスピース矯正のようで、価格も控えめです。
私が通っている矯正歯科はトータルフィーシステムなので追加料金等はかからず有り難いです。

エシックスの外観はクリアリテーナーとほぼ同じ透明なマウスピースです。
違いは、エシックスの方が固く若干厚みがある点です。
エシックスを渡された時にスタッフの方からリテーナーよりも話しづらくと伝えられたのですが、実際使用してみるとリテーナーと大差なく、滑舌が悪くなることもありませんでした。
少なくともブラケットよりは全然楽です。

とはいえ歯を動かすわけですから、歯に力が加わり徐々に動いていく際のジンジンする痛み、あれを約1年ぶりに経験しました。
懐かしい感覚ですが、かなり不快感がありますね。
動的治療の3年間、よく耐えたなぁと今は思います……。
治療期間中はモチベーションが高いから我慢できてしまうんでしょうね。

今後の展望

予想以上に早いペースで隙間が埋まってきており、下顎は既にブラケットオフの時とほぼ変わらないところまできています。
上顎ももうそろそろです。
スペースが開いて来た時はフロスがスカスカだったのですが、今はパチンパチンと弾くような感じになってきました。

次回の検診は3ヶ月後で、その時に装置を変えるか様子を見るそうです。
どうやら、ベッグタイプのリテーナーを使うことになりそうです。
すると、矯正装置もワイヤーブラケットとマウスピースを使い、保定もクリアリテーナーとべッグタイプリテーナーを使うということになります。
ちょっとしたトラブルはありましたが、様々な矯正装置を使ういい経験です。
べッグタイプリテーナーを使用することになったら、クリアリテーナーとの比較なんかもリポートしようと思います。

スポンサーリンク
ブログランキング

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)