芸能人の歯並びはなぜ綺麗?その真実を教えます

xxthuc_wdn0-allef-vinicius

一般人と芸能人の顔で最も差が出やすい部分は歯です。
目や鼻は、メイクや整形手術で一般人でも比較的簡単に綺麗に見せることができます。

しかし、歯となると話は別。
芸能人と一般人では明らかに差が出ます。
ちょっと綺麗な一般人でも、歯までしっかりメンテナンスできている人は多くはありません。
読モレベルになってようやく……というのが実際のところです。

逆に芸能人の場合、売れてくると例外無く歯にメンテナンスが入ります。
歯には清潔感が如実に表れます。
白くて綺麗に並んだ歯が笑顔からこぼれると、それだけで好印象を与えることができます。
歯以外のパーツであれば、多少クセのある形でも個性として受け入れられますが、汚い歯が受け入れられることはあり得ません。
白くて綺麗な歯は、芸能人のような人気商売をする上で必須の営業ツールというわけです。

では、なぜ一般人には芸能人のような白くて綺麗な歯並びの人が少ないのでしょうか。
そこには歯への意識とお金、2つの理由があります。

まずは、歯への意識の問題。
日本人は比較的皆等しく豊かなので、アメリカ人のように歯が社会的ステータスの物差しにはなりません。
アメリカでは綺麗な歯並びと真っ白な歯は成功者のシンボルですが、日本ではそのようなことはありません。
公的な健康保険制度が整っていることもあり、日頃から歯を大切にメンテナンスしようとする意識が希薄になりがちです。

次にお金の問題。
芸能人のような白くて綺麗な歯並びにするには、後述しますが最低でも100万円、高ければ500万円ほどの費用がかかります。
目や鼻をちょこっと整形手術するのとは異なり、この金額では一般人が気軽に手を出せるものではありません。

これらの理由により、芸能人と一般人とでは歯の見た目が大きく違ってくるのです。

では、芸能人はどのように歯並びを綺麗にしているのでしょうか。
大きく分けるとセラミックの差し歯を使う方法と、自前の歯を矯正治療してからホワイトニングする方法があります。

スポンサーリンク

セラミッククラウンで芸能人は歯並びを綺麗にする

芸能人の多くは自前の歯を矯正するよりも、セラミッククラウンと呼ばれる差し歯を使って歯並びを整えています。
自前の歯を削り、その上に人工差し歯のセラミッククラウンをかぶせるのです。

セラミッククラウンの良いところは、時間がかからない点。
矯正治療をすると1年半から3年は必要になりますが、その間は見た目が悪くなるのはもちろん、滑舌が悪くなったり食事に不自由することもあります。
治す歯の本数にもよりますが、セラミッククラウンならば2ヶ月ほどでの治療も可能です。

芸能人のようにいつブレイクするか分からず、いつ消えてしまうか分からない商売の場合、何年も矯正治療に費やすといった悠長なことは言ってられません。
売れる時に売るべく、短期決戦で歯を綺麗にする必要があります。

またセラミッククラウンの場合、自前の歯をホワイトニングした場合と比較して、より白い歯にすることができます。

ホワイトニングでは自然な白さにすることはできますが、陶器のような真っ白な歯にすることはなかなか困難です。
根気強くホワイトニングを繰り返せば、かなり白くすることはできますが、ホワイトニングを継続しなければ色も徐々に戻ってしまいます。
この点、セラミッククラウンなら驚くべき白さに一瞬で変身することができます。

これらの理由により芸能人にはセラミッククラウンで歯並びを整える人が多いというわけです。

セラミッククラウンの落とし穴

しかしながら、一般人がセラミッククラウンで歯並びを綺麗にするには大きな代償を伴います。
セラミッククラウンをかぶせるには自前の歯を削る必要がありますが、歯を削ると歯の寿命が縮みます。

歯は替えることのできない、臓器とも言えるものです。
いくら上手にセラミックを入れても経年劣化し、それとともに自前の歯もダメになっていき、将来的に歯と口の健康に支障をきたす可能性があるのです。

また費用と技術の問題もあります。
セラミッククラウンを上手に施術できる医師を探すのはなかなか難しく、費用も高額です。
芸能人のような歯並びにするなら、前歯8本をオールセラミッククラウンにするとして費用は100〜150万円。
歯周病が進行していたり、歯の状態が悪いとそれ以上かかることもザラです。
バナナマンの日村さんは、インプラントも併用して総額500万円以上歯の治療にかけたという話です。

ラミネートベニアで芸能人は歯並びを綺麗にする

セラミッククラウンは差し歯ですが、それよりも身体への負担の小さい方法として、ラミネートベニアがあります。
ラミネートベニアは歯の付け爪のようなものです。

セラミックよりも自前の歯を削る量が少なくすみますが、やはり歯を削らなければならないところが難点です。
セラミッククラウン同様に短期間で見た目を整え、真っ白な歯にすることができるので芸能人に人気の方法です。

費用はセラミッククラウンより財布に優しいですが、施術には高度な技術が要求されるので、腕の良い歯科医師を探すのは難しいです(セラミッククラウンも矯正治療も同様ですが)。
また元々の歯並びが悪いと、薄いラミネートベニアで綺麗な歯並びを作ることは困難です。

歯列矯正で芸能人は歯並びを綺麗にする

歯列矯正で自分の歯を綺麗に並べ、その後ホワイトニングで白くするのが最も安全で健康的、費用も長い目で見ればかからない方法です。
芸能人の中にもセラミッククラウンやラミネートベニアでなく、歯列矯正+ホワイトニング派の方もいます。

スポンサーリンク

歯列矯正には表側に矯正をつける普通の歯列矯正、裏側に矯正装置をつける裏側矯正、マウスピースをはめるマウスピース矯正の三種類があり、それぞれメリットとデメリットがあります。

表側の矯正装置
最もオーソドックスな方法ですが、装置が見えてしまうのが難点です。
日本の芸能人は歯列矯正で自前の歯を並べるよりも、セラミックで歯並びを綺麗にする人が多いですが、これは矯正装置のブラケットが見えてしまうのが芸能活動する上でマイナスだからです。
期間は1年半から3年で費用は100万円前後。
日本人は歯と骨格のバランスの問題で抜歯をしなければ綺麗なEラインを形成しないことが多く、抜歯矯正となると2年以上の時間を要します。

裏側矯正
矯正装置が見えてしまうという歯列矯正最大の欠点を克服したのが裏側矯正です。
治療の効果や期間は表側と遜色なく、むしろ抜歯矯正で出っ歯を治すようなケースでは裏側の方が向いています。
デメリットは治療費が表側の1,5倍、150万円と高額な点。
表側の矯正であれば80万円程度でやっているところもありますが、裏側矯正は施術できるクリニックが限られ、表以上に技術が必要なので高額になりがちです。
裏側矯正で上手なクリニックは都会に集中しており、費用と併せて患者は限定されます。
また治療初期は滑舌が悪くなったり食事しにくかったりします。
私は裏側矯正経験者ですが、費用を用意でき技術のあるクリニックを選べば、とてもお勧めできる方法です。

マウスピース矯正
透明なマウスピースをはめるだけのマウスピース矯正という特殊な歯列矯正もあります。
軽い凸凹を整えるには良いですが、大きな歯の移動には適さず抜歯矯正をするには向いていません。
すなわち、日本人に多い出っ歯や受け口を抜歯で矯正治療するには向きません。
矯正経験者が後戻りを治すのに使ったり、軽い歯列の乱れを治すのに使うのがベターです。
また1日18時間はマウスピースをはめなければなりませんが取り外し可能なため、強制的に矯正装置で歯が動かされる表側・裏側矯正よりも、治療に患者の努力を要します。

ホワイトニングで芸能人は歯を綺麗にする

芸能人の歯が白いのは、上述したセラミックやラミネートベニアが理由である場合が多いのですが、自前歯派の芸能人はホワイトニングをしているからです。

ホワイトニングは過酸化水素を使って化学的に歯の色を明るくする方法で、歯科医院で施術してもらうオフィスホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニングがあります。
オフィスホワイトニングの方が短期間で白くなりますが、その分後戻りもしやすく、毎度クリニックに通う手間があります。

オフィスにせよホームにせよ、2ヶ月もあればだいぶ白くすることができます。
費用はオフィスなら4〜5万円。
ホームなら薬剤の種類にもよりますが1〜2万円程度です。
私はオフィスとホーム両方経験していますが、ホームの方が経済的で繰り返しホワイトニングすれば白さにも満足できるので、ホームホワイトニングをお勧めします。
中でもオパールエッセンスという、アメリカのホワイトニングキットが良いですね。
詳しくは以外のページをご覧下さい。
参考オパールエッセンスの使用方法と注意点&濃度別使用時間

歯が白いと、それだけで清潔感が段違いです。
矯正治療やセラミックで歯並びを綺麗にするにはお金と時間がかかりますが、ホワイトニングは少ない費用でもできるので本当にお勧めです。

一般人はすべきことをする

セラミック治療、ラミネートベニア、歯列矯正、どれも一般人にはなかなかハードルが高いものです。
それゆえ、簡単には芸能人のような綺麗な歯にはなれません。
だからといって歯にコンプレックスがある人も諦める必要はありません。
将来的にこれらの治療を見据えてお金貯めるなり、今できることをしましょう。

それとともに非常に大切なのは、今以上に歯の状態を悪くしないということです。
日本の成人は8割が歯周病に罹患していると言われており、歯医者さんへ定期的に通う習慣の無い人は歯周病にかかっている可能性が高いです。

歯周病は歯と骨が徐々に溶けていく病気で、はじめの頃は自覚症状がありません。
歯周病が進むと歯列矯正やセラミッククラウンで治療したくても、思うように治療することができません。

歯周病はブラッシングで予防、初期の頃であれば完治させることができます。
歯周病への有効成分が含まれた歯磨き粉がお勧めです。



こちらのオーラパールは歯周病への有効成分に加え、ハイドロキシアパタイトが歯を白くする、歯周病対策+ホワイトニング効果がある唯一の歯磨き粉になります。
前述のように歯が白いだけでも、多少歯並びに難があっても人に与える印象が変わってきます。

ハイドロキシアパタイトは歯の主要成分で、歯を白く、強くします。
オパールエッセンスでホームホワイトニングをしている人にもお勧めできる商品です。

歯磨き粉で1000円強というのは高額にも感じられますが、美と健康への投資と考えれば安いものです。
商品リンク先の公式ページからご購入頂くと若干の割引がされますので、矯正やセラミックができない人もオーラパールで日々のメンテナンスに励みましょう。

スポンサーリンク
ブログランキング

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)