歯磨き粉に含まれる研磨剤は危険?安全?研磨剤で歯が削れる?

296H

歯磨き粉、特にホワイトニング効果をうたう商品の中には研磨剤が含まれているものが少なくありません。

研磨材は歯を削るので良くないというイメージがあるので、研磨剤無配合の歯磨き粉を使っている方も多いと思います。
以前は私もそうでした。

ところが、歯が削れる要因の多くは実際には歯磨き粉以外にあり、あまり研磨剤を恐れる必要はありません。

ホワイトニング、歯ブラシの硬さ、ブラッシング圧の強さ、噛み合わせの状態、飲食の習慣等により研磨剤の必要性の有無は異なります。
自分の目的と習慣に合った歯磨き粉を選びましょう。

スポンサーリンク

研磨剤の成分名

歯磨き粉に含まれる研磨剤には以下のようなものがあります。

・リン酸水素カルシウム
・水酸化アルミニウム
・無水ケイ酸(シリカ)
・炭酸カルシウム

このうち無水ケイ素は研磨剤としてだけでなく、増粘剤としても使われています。
アパガード等の研磨剤無配合の高級歯磨き粉の中には、無水ケイ酸が成分表に含まれているものがあります。
これは研磨剤としてではなく、増粘剤として使われているのです。

研磨剤で歯は削れない?

歯の表面はエナメル質で覆われていますが、市販されている歯磨き粉に含まれる研磨剤の硬度はエナメル質よりも低い場合がほとんどです。

また以前は、タバコのヤニを落とすため荒く強力な研磨剤がたっぷり入った研磨剤も少なくなかったそうですが、現在ではエナメル質を傷つけないよう研磨剤の質・量ともに改善され、基本的には研磨剤が直接の原因で歯が削れる心配はないとのこと。

むしろ、歯が削れる原因の大部分は歯磨き粉の研磨剤以外にあり、そちらの心配をした方がよいようです。

歯がすり減る原因

実際のところ、歯が削れる原因の多くは研磨剤ではなく以下のようなものになります。

・硬めの歯ブラシ、ブラッシング圧が強すぎる
硬めの歯ブラシでゴシゴシと歯を磨かないと歯を磨いた気分にならないという人もいるかと思いますが、硬い歯ブラシで強い圧力をかけながらブラッシングをすると、歯が削れる原因になります。
また歯だけでなく、歯茎もすり減ってしまうことがあります。
そのような人が研磨剤入りの歯磨き粉を使うと、歯が削れるリスクはさらに上昇します。

スポンサーリンク

食いしばりや寝ている間の歯ぎしり
人間の噛む力は体重と同じくらいと言われており、私たちの歯や顎には日々大きな力がかかっています。
特に強く歯をくいしばったり歯ぎしりをしたりすると、歯に強い負荷がかかり歯が削れたりすり減る原因となります。

酸性の強い食べ物
ワインや柑橘類等の酸性の強いものを長時間ダラダラと食べ続けるような習慣があると、歯が溶けてしまうことがあります(酸蝕症)

研磨剤を効果的に活用する

というわけで、研磨剤入りの歯磨き粉は安全なものであり、適切に使用することにより汚れを落としホワイトニングで白くした歯のメンテナンスに役立つものです。

私はオパールエッセンスで定期的にホームホワイトニングをしていますが、日々の食事やコーヒー、紅茶等が原因でステインが付着してしまうのは避けられません。

それゆえ週に2~3回は研磨剤入りの歯磨き粉を使い、ホワイトニングの効果をできるかぎりキープするようにしています。

研磨剤入りのホワイトニング歯磨き粉も様々なものがありますが、ウェルテックのクリーニングジェルはなかなか強力です。


こちらの商品は研磨力が強いので頻繁に使用するにはおすすめできませんが、月に1~2回のステイン対策として使用するには良いでしょう。

デイリーに使用するなら、デンタルフロスでおすすめしたルシェロのホワイトは万人におすすめできる商品です。

スポンサーリンク
ブログランキング

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)