非抜歯矯正で後悔?非抜歯で失敗する理由とは

photo-1441716844725-09cedc13a4e7

歯列矯正、特に成人矯正のにおいては抜歯を伴うケースも多いかと思います。

抜歯矯正と非抜歯矯正、いずれで治療すべきかについては、矯正治療を受ける人の歯の状態によって異なり、また歯科医師の考え方にもよります。

歯科医師の中には非抜歯矯正原理主義な方もいますので、一般人の私があまり口を出すべきではないかもしれません。

今回は、抜歯矯正と非抜歯矯正についての一般論と私の経験について投稿します。

スポンサーリンク

歯列矯正に抜歯が必要となる理由

歯列矯正で抜歯が必要となるのは、歯を綺麗に並べるためのスペースが不足しているからです。

日本人は顎のサイズに対して歯が大きいので、歯が並ぶためのスペースが不足しており、デコボコになったり、出っ歯になったり、受け口になったりしてしまいます。

歯並びを綺麗に整えるには、抜歯をすることにより歯を並べるためのスペースを作り、前歯を後ろへ下げる必要があります。

全体的に少しだけ歯の側面を削り(ストリッピング)、スペースを作ったり、インプラントアンカーを使って奥歯をより奥へ移動させて前歯を引っ込めようとする方法もあります。

しかしいずれの方法も、前歯を大きく移動させるほどのスペースは作れず、また、奥歯の遠心移動(後ろへの移動)は技術的にもかなり困難です。

したがって、上顎前突や下顎前突の治療には基本的には抜歯が必要となるのです。

どの歯が抜かれるか

抜歯矯正において抜かれるのは、上下の4番(第一小臼歯)が通例になっています。

健康な歯が全て大切であることは言うまでもありませんが、モノを噛み切る役割の前歯や噛み砕く役割の奥歯は特に大切です。
4番や5番はそれらの歯と比較すると、相対的な重要度は下がります。

また、歯列矯正で歯を動かす際は綱引きのように前歯と奥歯で引っ張り合いになりますが、前歯を後方へ移動させると、反作用で奥歯も少しだけ前へ移動してしまいます。

スポンサーリンク

抜歯したスペースで最大限前歯を後ろへ移動させるには、1,2,3,4番と6,7番で引っ張り合う5番抜歯よりも1,2,3番と5,6,7番で引っ張り合う4番抜歯の方が効率的です。

矯正にかかる期間的にも、4番抜歯の方が5番を抜くよりも短く済みます。

ただ、5番に虫歯があって4番に問題がない場合等は4番ではなく5番が抜かれることもあります。
噛み合わせやその他の理由により例外的にその他の歯が抜かれることもあります。

非抜歯矯正で後悔?

4番抜歯で通常は6mmから8mmほどのスペースができることになりますので、上顎前突や下顎前突の治療では外観的にもかなりの変化があります。

出っ張った口元が引っ込み、横顔が綺麗になります。
鼻や顎の骨格がどれほど発達しているのかにもよりますが、より理想的なEラインへ近づくことになります。

確かに、健康的な歯を抜くことに抵抗があるのは分かります。

しかし審美的なメリットだけでなく、歯並びが良くなることによりプラークコントロールがしやすくなり、虫歯リスク・歯周病リスクが低下し長期的な歯の保存状態が良くなることを考えると、失うもの以上に得るものの方が大きいと感じます。

ネットを見ていると、抜歯しなければならない症例を非抜歯で治療した結果、思っていた成果が得られなかったという相談をよく見かけます。
スペースに余裕がないのに非抜歯で歯を並べると、口元の突出感がさらに目立つことがあります。
後戻りのリスクも上がりますので注意も必要です。

なにはともあれ検査を

とはいえ、抜歯矯正で口元が引っ込みすぎて後悔しているという人もいるようなので、抜歯矯正が必ずしも正解というわけではなく、個別具体的な状況に応じて治療計画を立てるべきです。

抜歯矯正にするか非抜歯で治療すべきかで迷っている人は、まずは精密検査をして客観的に自分の歯の状態を把握することが大切です。

スポンサーリンク
ブログランキング

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)