映画に見るアメリカ・ヨーロッパ・日本人の歯への意識の違い

hulu

私は暇な時間にHuluで映画を見ることが多いのですが、アメリカとヨーロッパの人とでは、歯への考え方が違うんだなと感じることが多々あります。

日本人の歯並びに対して「欧米では〜」と語られることも多いですが、実際にはヨーロッパの人は自然な歯並びの人も多く、ホワイトニングも控え目な印象です。

これに対して、アメリカ人は陶器のような白さを好み、形もベニアを使って整えている人が多いように見えます。

そこで今回は、映画を見て気づいたアメリカ・ヨーロッパ・日本人の歯への意識の違いについて投稿します。

スポンサーリンク

アメリカ人はなぜ歯にうるさいのか

笑顔

アメリカ人は世界で一番歯にうるさいことで知られています。

一般人でも矯正、ホワイトニングは当たり前で、審美治療や歯茎のホワイトニングまで受けている人も少なくないようです。

これほどまでにアメリカ人が熱心に歯のケアをするのは何故でしょうか。
以下のような理由が考えられます。

・歯の治療費が高いので歯を大切にしているという説
アメリカは日本とは保険制度が異なるため、費用的に気軽に歯医者さんへ行くことができず、歯を悪くしないように熱心にケアしているという説です。

確かに、虫歯の治療で何万円もかかるようなら普段からしっかりとプラークコントロールをして歯のメンテナンスをしそうです。

しかし、それならば基本的な手入れをすればよく、アメリカ人の歯の白さへの異様なこだわりが説明できません。
白ければ虫歯になりにくくなるわけではありませんので。

・笑顔の社会的機能に関する説
人種、言語、宗教などの面で同質性の高い日本とは異なり、アメリカは多様性に富んだ国です。

アメリカでは国民ひとりひとりのバックグラウンドが異なるため、黙っていても意思疎通できる日本とは異なり、まずは笑顔を見せることで敵意がないことを示すという説です。

笑顔の良し悪しは、歯で決まると言っても過言ではありません。
なぜなら、好印象な笑顔と歯並びとの間には深い関係があるからです。

上顎前突や下顎前突で噛み合わせが合っていなかったりすると、綺麗なスマイルが作れません。

また、ホワイトニングされた白い歯を見せた方が明るい印象を与えられます。

実際、米英の大学の研究チームが多民族社会と笑顔の関連性について指摘していますが、この見解には納得です。

・アメリカ人理想主義者説
アメリカ社会を見ていて感じることですが、アメリカ人はヨーロッパの人と比べると、内面外見ともに極端なところがあるような気がします。

外見に関していえば、例えば筋肉。

ヨーロッパの人も日本人よりは鍛えている人は多いですが、アメリカ人ほどゴリゴリのマッチョ志向は多くないように思います。

世界のフィットネス産業の市場規模を見ても、アメリカはズバ抜けています。
参考:日・米・英の民間フィットネスクラブ産業市場デ―タ

マッチョ志向の国といえば、他にもオーストラリアが思い浮かびましたが、上の笑顔の研究データにもあったように、オーストラリアも多民族国家です。

多民族社会は強くなければ生き残れない、だから筋肉(強さの象徴?)が好まれるということでしょうか。

その他にも、美容整形や身体改造関連の産業も私たちの暮らしている日本社会と比べるととても巨大です。
参考:世界の美容整形手術の年間施術数とトップ5ランキング

なぜアメリカ人がこれほどまでに外見の改造にこだわるのか結構疑問に思っていたのですが、勝手な想像ですが、アメリカ建国の歴史にそのヒントがあるような気がします。

というのも、アメリカはヨーロッパから渡ったピューリタンが理想の社会を作ろうとしてできた国家です。

スポンサーリンク

そもそも国の成り立ち自体が伝統を重んじるヨーロッパとは異なり、フロンティアを開拓していった理想主義者のDNAが今もアメリカ人、というか、アメリカ社会の深層にあり、それが歯にも表れているような気がします。

幸運を呼ぶスキっ歯?

レア

欧米、特にフランスの女優やモデルの中には、上顎の左右1番の間に隙間がある、スキっ歯をチャームポイントにしている女性がいます。

先日見た007最新作『スペクター』のボンドガール、レア・セドゥもスキっ歯でした。

日本人の美的感覚ではその魅力がいまひとつ理解できないのですが、フランスでは歯と歯の隙間から幸せが入ってくるので縁起が良いとされているそうです。

世界一歯にうるさいアメリカのトップセレブであるマドンナやガガもスキっ歯にしていますので、グローバルスタンダードではスキっ歯は”アリ”なんでしょう。
マドンナ

八重歯が世界的には”ナシ”とされているのに、これはなかなか不思議な感じがします。

アメリカ人に歯をdisられるイギリス人

映画や英語の記事を見ていると、アメリカ人がイギリス人の歯をdisる光景を目にすることがあります。

映画『オースティン・パワーズ』は007のパロディでモテモテの敏腕スパイ、オースティン・パワーズが活躍するおバカ映画ですが、こちらの作品でもオースティンの歯がネタにされています。
オースティン

しかし現実の調査によると、英国人の歯はアメリカ人と比べて不健康ということはないそうで、オースティン・パワーズの反撃として報道されていました。
参考:British teeth no worse than American, says study

変わる日本人の歯への意識

ひと昔前はともかく、最近は矯正や審美歯科を取り扱うクリニックも増え、日本人の歯への意識も若年層を中心に徐々に上がってきているように感じます。

これは、スマホやSNSの普及とともに、より”見られる”社会になったこと、すなわち外見力が問われる世の中になったことが背景にあると思います。

4年後にオリンピックを控え、また、世の中がますますグローバル化していく中で外国人と接する機会もこれまで以上に増えていきますので、世界での日本人の歯への評判も汚名返上していきたいですね。

映画を見るならHuluで

Huluは月額933円で20000本以上の映画がテレビからでもタブレットからでも、もちろんスマホからでも見本題な超便利なサービスです。

Hulu以外にもNetflix、Amazonプライム等の動画配信サービスはいくつかあります。

どこも一長一短があるのですが、まだどこにも加入していないのであれば、追加費用のない定額制で海外ドラマやドキュメンタリーやアニメ等のコンテンツも豊富なhuluを推しておきます。

娯楽として見るのはもちろん、英語の勉強ツールにもなります。

14日間はトライアルの無料で気に入らなければすぐに退会できますので、興味をお持ちの方はこちらからどうぞ!

スポンサーリンク
ブログランキング

コメント

  1. ケン より:

    日本人やイギリス人と比べアメリカ人が歯や筋肉美に並々ならぬお金とエネルギーを使うのはすばり、それらが富や成功の象徴だからです。

    日本やイギリスのように国民医療保険が無いアメリカでは、平均以上の収入がないと医療を受けられません。
    たとえ仕事に福利厚生があれど医療費は高額な為 全額負担とはいかず気軽に病院へ行ける人は実は稀です。

    その中でも歯科保険はハードルが高く、整った白い歯並びは当たり前にして、あるべき成功者の姿とされています。

    ちなみにアメリカのドラックストアでは日本では考えられない程の薬が売られていますが、それはちょっとやそっとの事では医者に行けない人が多いためです。

    またアメリカ人=肥満体というイメージがありますが、収入同様 肥満と健康な人の二極化が激しく、平均以下の収入で住める地域には運動の出来る公園、生鮮食品を売るスーパー、ジムなどは少ないです。
    実際、地域毎の平均収入とそれらの施設・店舗の分布はぴったりと比例しており、ファストフードは生鮮食品より遥かに安く、手に入り易いですから一般的にアメリカでは収入が少ないと健康体でいることが困難です。

    アメリカでは肥満=貧困という図式がしっかりと完成しています。

    脅迫概念があるかのように体を鍛え、整った歯を不自然なほど白くするのは、自分がまっとうな人間であると何よりも伝えられる要素だからです。

    • 管理人 より:

      コメントありがとうございます。
      勉強になります!
      パラノイアのごとく歯を白くしたりマッチョにならなくても、一応まっとうに扱ってもらえる日本に生まれたことは、実は幸せなことなのかもしれませんね。
      感謝感謝。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)