リテーナーやマウスピースをなくしたら?→紛失したらすぐに再作製を

145H

ブラケットオフ後はリテーナーによる保定生活が始まります。

1年間は食事・歯磨きの時以外は終日装着、その後徐々に使う時間を減らしていき、最終的には週に数回就寝中のみの使用で矯正した歯並びを維持できるそうです。

リテーナーを一生つけるべきかは、その人の判断次第ですが、歯並びに限らず人間の身体は変化し続けるものです。

矯正経験の有無に関わらず歯並びは加齢によっても変わりますので、私は一生リテーナーをつけるべきだと思います。

スポンサーリンク

オパール用マウスピースを紛失しました

歯列矯正は時間的にも費用的にも大きな負担がかかるものです。

私の場合は3年の動的治療期間と約150万円の費用がかかってますので、後戻りさせるわけにはいきません。
半年以上たった今でも、食事歯磨き中以外はきっちりリテーナーを使い、なくさないように気をつけています。

「リテーナーを紛失してしまう人は結構多いので注意してくださいね」
クリニックでそう伝えられた時は不注意な人もいるものだ、と思ったものです。

しかし!

先日作ったばかりのオパール用マウスピースをなくしてしまいました……。

まだ作って1ヶ月くらいしか経っていません。
これには、自分の不注意さにガッカリです。

紛失予防策

マウスピースがどこへ行ってしまったのか、皆目見当もつきません。

スポンサーリンク

おそらく、使用後ティッシュペーパーにくるんでその辺に放置していたところ、それを忘れてゴミ箱にでも捨ててしまったのでしょう。

「リテーナーを使っていない時はケースに入れておいてください」とクリニックで説明されましたが、その意味をようやく理解しました。

リテーナーやマウスピースは外している時間がどんなに短くてもケースに入れておく。
当たり前のことと思われるかもしれませんが、これが最善の紛失予防策です。

再作製の費用

リテーナーの再作製費用は意外に高く、20000円から40000円ほどかかるようです。

今回私は、オパール用マウスピースの紛失で、リーズナブルな価格で製作してくれるクリニックでしたので5000円の出費ですみました。

お財布はそれほど痛みませんでしたが、再び型取りで苦しい思いをしましたので、もうなくさないようにしたいと思います。

リテーナーを紛失したら後戻りに注意

リテーナーの再作製はお金で解決できますが、後戻りしてしまうとお金では解決できません。

リテーナー2年目3年目であればそれほど焦る必要もありませんが、リテーナー半年程度だと骨がまだ固まっていないので、ただちに作り直した方が良いでしょう。

私もまだリテーナー生活1年に満たないので、無くさないように気をつけたいと思います。

スポンサーリンク
ブログランキング

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)