歯のホワイトニング効果なし?白くなるまでの期間と白くならない歯とは

242H

ホワイトニングで歯を白くする場合は、ある程度の時間が必要です。

特にホームの場合には、数日ホワイトニングを行った程度ではほとんど変化がなく、効果を感じなかったということもあるかと思います。

また、健康な歯であれば基本的に老若男女を問わずにホワイトニングで歯を白くすることができますが、なかにはホワイトニングできないようなケースもあります。

そこで今回は、ホワイトニングで歯が白くなるまでの期間とホワイトニングできない歯について投稿します。

スポンサーリンク

ホワイトニングしても白くならない歯とは?

ホワイトニングをしても効果がない、ほとんど白くならない歯には以下のようなものがあります。

・セラミックやプラスチックの被せものの歯
ホワイトニングは過酸化水素の作用により歯の外側にあるエナメル質を化学的に明るくするものですので、天然の歯にしか効果がありません。
したがって、セラミックやプラスチックでできている被せものの歯や詰め物には効果がありません。

・神経のない歯
神経のない歯は血液の循環がなく、歯の内部が変色してしまうため、通常のホワイトニングは効果が見込めません。
ウォーキングブリーチやブライトスマイルといった特殊なオフィスホワイトニングで白くすることは可能なようです。

・テトラサイクリン歯
歯の形成期にテトラサイクリン系の抗生物質を服用していた人の中には、歯がグレーやオレンジ色に変色している場合があり、そのような歯にはホワイトニングの効果があまりありません。

スポンサーリンク

健康な歯なのにホワイトニングの効果がない?

ホワイトニングしたものの変化が見られないというケースは、ホームホワイトニングしたての頃はよくあるかと思います。

オフィスホワイトニングに比べてホームホワイトニングは白くなるのに時間がかかります(その分後戻りはしにくいですが)。

はじめの1週間くらいはほとんど変わらないかもしれません。

また、オフィスであればシェードガイドを使って変化を確認しますが、自宅で行う場合は基準がありません。

目が慣れてしまうことと相まって、ホワイトニングしたけど効果がなかったと感じるかもしれません。

ホワイトニングで白くなるまでの期間は?

効果が出やすいオフィスホワイトニングの場合、1回の施術で2段階くらい明るくなります。

平均的な日本人の歯はシェードでA3から3,5と言われていますが、3回ほどホワイトニングを行えばB1まで明るくすることができるでしょう。

ホームの場合は、B1まで明るくするには、毎日ホワイトニングしても1ヶ月くらいかかると思います。

私は当初クレストを使っていましたが、はじめの2週間はほとんど変化を感じませんでした。

白くなったなと感じたのは、1ヶ月半ほど続け2箱目を使い終える頃です。

その後、オフィス→オパールエッセンスでホワイトニングをしてみて、今では隔週で気が向いた時にオパール20%を使っていますが、W3くらいをキープできています。

関連記事歯のホワイトニングを長持ちさせる方法・後戻り防止メンテナンス

スポンサーリンク
ブログランキング

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)