歯列矯正をすればハリウッドセレブのような完璧な歯並びになれるのか?!

129

矯正あるあるかもしれませんが、歯列矯正さえすればハリウッドスターのような、寸分の狂いもない完璧な歯並びをゲットできると考えている人もいるのではないでしょうか。

私もかつてはそのように勘違いしていたところがあったのですが、自分で矯正を経験してみて、ある種の限界もあることを知りました。

もちろん、これは治療結果に不満があるという意味ではありません。
しかし、歯列矯正が魔法の杖ではないというのも現実です。

そこで今回は、歯列矯正をすればハリウッドスターのような完璧な歯並びになれるのかについて投稿します。

スポンサーリンク

歯列矯正は天然の歯を並べる行為である

ワイヤー矯正にせよマウスピース矯正にせよ、歯列矯正は天然の、自前の歯を並べる行為です。

天然の歯はセラミックの人工の歯とは異なり、左右で少しだけ形が違っていたり、数ミリ削れてしまっていたり、不揃いだったりします。

また、人によっては虫歯や歯周病で歯の保存状態が良くないこともありますし、左右で抜歯する歯が違うこともあります。

自前の歯が完全無欠ではない以上、歯列矯正をしても数ミリの段差ができてしまったり、ズレてしまうことがあるのも致し方ないのです。

この点、芸能人なんかは自前の歯を時間をかけて矯正するよりも、健康な歯を犠牲にしてセラミックで見た目を整えることも多いようです。

審美歯科大国アメリカでは、歯列矯正した上でラミネートベニアやセラミッククラウンを使うこともあるそうです。

ハリウッドセレブですら、実は完璧じゃない?

完璧なスマイルといったら、思い浮かぶのはハリウッドスター。

歯にうるさいことで有名なアメリカですが、アメリカのショービズ界のトップであるハリウッドスターならば、アンドロイドのような完璧な歯をしていることでしょうと思って調べてみたのですが……!

428042-george-clooney
ハリウッドスターといえばこの人、ジョージ・クルーニー。
完璧すぎるスマイルです。

スポンサーリンク

tumblr_m7bf4yAwEi1qzy531o1_500
しかし、そんなジョージ・クルーニーですら下顎をよく見てみると、若干デコボコしています。

もちろん、非常に綺麗な歯並びであることには違いありませんが。

tumblr_mb9qe8HWKH1r3ubwvo1_500
こちらは世界最強の歌姫、テイラー・スウィフト。
メイクもファッションも完璧。

当然、歯の形も色も文句なしに美しい。

tumblr_mq50d1iBaI1qzy531o1_500
ところが、よく見てみると下顎の左右1番が1mmくらい前にズレています。

このように、アメリカのショービズ界のトップでも意外と人間らしい歯であることが分かりました。
完全に人工的な歯をしているのかと思ってました。

他のセレブも色々とリサーチしてみましたが、やはり下顎は少しズレやすいのかもしれません。

日米の歯への意識の差

アメリカの芸能人の歯を見て思うのは、日本の芸能人のものよりも自然かつ綺麗な仕上がりであるということ。

審美歯科大国アメリカでは患者の要求も厳しい分、審美歯科の技術が発達しているのでしょう。

翻って日本では、審美以前にフロスを使わなかったり、定期検診に行く人すら少ないのが現状です。

歯医者さんの質の良し悪しは患者サイドの問題でもあるので、私たち日本人ももっと自分の歯に関心を持った方がよいでしょう。

スポンサーリンク
ブログランキング

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)