実はあなたも?!日本人なら知っておきたい歯周病の話

%e6%ad%af%e5%91%a8%e7%97%85


※本エントリーは少々長くなりますが、私たち日本人にとって身近な問題ですので是非とも最後までご覧ください

歯と口の健康といえば虫歯を思い浮かべる人が多いと思います。
しかし実際のところ、日本人が歯を失う原因の一位は歯周病です。

歯周病は歯や歯を支えている骨が溶けてしまう病気ですが、近年では糖尿病、心筋梗塞、肺炎等全身の様々な病気とも関わりがあると指摘されています。
困ったことに、歯周病は初期の段階では自覚症状がなく沈黙の病気とも言われます。

歯周病の初期症状には歯茎がブヨブヨする、腫れる、歯茎から血が出る、歯がしみるといったものがありますが、そのような症状でお悩みの方もいるのではないでしょうか。
日本人のおよそ80%が歯周病とのことですので、自覚がないだけで密かに歯周病に罹患している人は数多くいるはずです。

歯周病が進行すると、健康問題はもちろん食事にも不自由することになります。治療も簡単なものではありません。
それだけでなく容貌にも大きな悪影響を与え、生活の質が大きく低下します。

そこで今回は、私たち日本人に身近な歯周病にまつわる諸問題とその予防の大切さについて投稿します。

歯周病とは何か

2114
歯周病とは、歯周病菌により歯周組織が炎症を起こし歯を支えている骨が溶けてしまう病気です。
初期の段階では、炎症が歯茎に起こる歯肉炎に留まりますが、それを放置すると歯周炎へと進行し、歯を支えている歯根膜繊維や歯槽骨が壊されてしまいます。
症状が進んだ歯周炎は歯茎から膿が出てくることから、かつては歯槽膿漏とも呼ばれていました。

歯周病は、プラーク(歯垢)に含まれる歯周病菌が歯と歯茎の間の溝の中で繁殖することにより起こりますので、日頃の歯磨きで歯周病の原因となるプラークをしっかり取り除くことが大切です。
歯周病対策には一にも二にもプラークコントロールが重要になります。

プラークコントロールとは、単に歯ブラシを口に突っ込んでシャカシャカやることではありません。
歯ブラシで落とせるプラークは60%ほどで、歯と歯の間である隣接面や、歯と歯茎の間の歯垢はフロスを使わなければ除去できません。
したがって、歯ブラシでの適切なブラッシングはもちろん、フロスを使って文字通り歯垢をコントロールする必要があるのです。

日本人の8割が歯周病

日本人の35歳以上の80%が歯周病と言われています。
歯周病の罹患率について厚生労働省は控えめな見解を示していますが、歯科医療関係者の意見や日本人のデンタルIQの低さを考えると、8割という数字もあながち誇張ではありません。

なぜこれほど日本人に歯周病が多いのか。
理由はいくつか考えられますが、予防歯科への関心の薄さというものが大きいでしょう。

国民皆保険制度のもと、比較的高い質の医療をリーズナブルな価格で受けられるので、私たち日本人は歯は悪くなってから治すという姿勢が基本になっています。
アメリカのような歯の治療で何万円もかかる国で生活しているならまだしも、日本では日頃から歯を大切にして病気にならないようにしよう、という意識は生まれにくいのかもしれません。

それに加え、歯周病という病気が一般にあまり認知されていない点も大きいと思います。
虫歯になりにくい人は歯周病になりやすい傾向がありますが、虫歯にならないことをいいことに歯磨きをサボった結果、気づいた時には重度の歯槽膿漏で入れ歯やインプラントになってしまったという話はそこらじゅうに転がっています。

歯周病が進行するとどうなるか

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-31
歯茎が腫れる、歯茎から血が出るといった歯周病初期の歯肉炎の段階であれば、適切なケアにより完治させることができます。
しかし、歯肉炎から歯周炎へ進行すると取り返しのつかないことになってしまうおそれがあります。

歯周炎はかつて歯槽膿漏と呼ばれており、歯茎から膿が出てきます。

それだけでなく、歯を支えている歯槽骨が溶け歯がグラグラになります。
歯茎が痩せ、歯が長く見え、酷い口臭を発生させます。
最終的には歯は抜け落ち、審美的・機能的に回復できない状態になってしまいます。

上の画像は「歯槽膿漏 重度」でグーグル検索した結果です。
かなり衝撃的な画像がですよね。

歯周病と全身疾患の関係

6517
かつては口の中だけの問題と捉えられていた歯周病ですが、近年では全身の疾患とも関係があると指摘されています。
急速に高齢化が進む日本において歯周病の予防をすることは、歯と歯茎の健康のためだけでなく、生活の質全般にもつながります。

・心筋梗塞
心筋梗塞は、血栓が冠動脈に詰まることにより心臓に血が送られなくなり、心臓が壊死する病気です。
脂肪分の多い食生活やアルコールの摂り過ぎ、運動不足、喫煙等が心筋梗塞を引き起こすリスク要因として知られていますが、最近ではこれらに加え歯周病も心筋梗塞の原因になり得ると考えられています。
歯周病が進行すると、歯周病菌が口の中の毛細血管から血液へ入り込みます。
すると、血管の壁を傷つけたり血小板に異常を起こし、血栓ができやすくなります。
血栓ができやすくなると、それだけ血管が詰まるリスクも上昇します。

・糖尿病
糖尿病はインスリンが上手く働かずに高血糖が続く病気です。
血糖値が高いと様々な合併症が起きやすくなります。
糖尿病の人は歯周病になりやすく、歯周病になった場合に重症化しやすい傾向があります。
他方で歯周病の人は糖尿病罹患率も高く、血糖のコントロールがよくないと言われています。
このように歯周病と糖尿病は相互に影響がありますが、これは歯周病患者の歯周組織が作る炎症物質が、血糖のコントロールをするインスリンの働きを妨げるからです。

・骨粗鬆症
骨粗鬆症は生活習慣やホルモンの影響により骨の密度、強度が減り、骨がスカスカになる病気です。
高齢の女性に多く、骨粗鬆症になると骨折しやすくなるほか、寝たきり生活になるリスクが上がります。
歯は歯槽骨という骨に生えていますので、骨が弱いと当然に歯周病になりやすく歯周病になった場合は悪化しやすくなります。

・誤嚥性肺炎
誤嚥性肺炎とは、唾液や食べ物が誤って気管に入り、それが原因で肺炎を起こしてしまう病気です。
肺や気管は、健康な人であれば咳のような生理的反応によって守られています。
しかし、高齢者や免疫力が低下している人の場合、生理的機能が低下していたり飲み込む力が弱かったりして、唾液や歯周病菌が気管に入りやすくなっています。

歯周病が進むと顔面崩壊する

crazy-face
歯周病は健康に影響を与えるのはもちろん、歯周組織の骨が溶けていきますので容貌へも変化をもたらします。
噛み合わせも合わなくなるので顔が左右で歪んだり、口元がだらしなくなったりします。
最終的には歯が抜け落ちて赤ちゃんのような口内になってしまいます。
こうなってしまうとインプラントで治療するしかなく、莫大な費用と機能上の問題が生じます。

ここからが本題

la_liberte_guidant_le_peuple

さて、ここからが当エントリーの本題です。
私は読者の皆さんを恐怖に陥れたり、不安な気持ちにさせたくて、このようような記事を書いたわけではありません。

私の思いはただひとつ。
それは、皆さんの口腔ケア、すなわちオーラルケアに革命を起こすことです。

なぜか。

私自身は歯列矯正をしたことをきっかけに歯を丁寧にケアするようになり、デンタルIQが劇的に向上しました。
単に歯並びが整っただけでなく、適切なプラークコントロールをするようになり、今ではホワイトニングまでやっちゃってます。

正直言って一般人、しかも成人男性で歯列矯正+ホワイトニングをしている人は1%もいないと思います。
しかし、だからこそ見えてくる風景もあります。

歯を綺麗にするだけで虫歯や歯周病といった健康上のトラブルを回避できるだけでなく、歯を綺麗にすると、対人関係も向上することは間違いありません。
清潔感がアップするのでモテるようになり、営業成績も上々。公私ともに大きな影響を感じています。

私は業務上、外国人と関わりを持つことも多いのですが、彼らは日本人にしては珍しく歯を綺麗にしている私に素朴な疑問を投げかけてきます。

「なぜ日本人は歯並びが汚いのか?」
「なぜ日本人は歯が黄色いのか?」
「なぜ日本人は銀歯が多いのか?」
「なぜ日本人は虫歯を放置しているのか?」
「なぜ日本人はちゃんと歯のケアをしないのか?」

健康保険制度の違いによる歯への意識の違いや、日本人はエナメル質が薄いため歯が黄色く見えやすいことなどを説明するのですが、何とも言えない気分になります。

欧米人はもちろんのこと、中国や韓国、タイやフィリピンといったアジアの国々の人達も歯への意識は高く、矯正やホワイトニングをしています。

世界で最も清潔で、安全で、平和で、勤勉で、文化的で、お洒落で、グルメな国のひとつであるはずの日本の人は、世界でも有数の汚歯民族と思われているんですよ。

これって悔しくないですか?

私は悔しいです。

私も歯列矯正するまでは歯への意識は高くなく、デンタルフロスも使っていなかったので、矯正前の初診診断では歯茎が腫れていると言われました。
今にして思えば、軽度の歯周病だったのかもしれません。
小学生の頃などはロクに歯磨きすらしていませんでした。

そんな私でも、きっかけひとつで変われたんですよ。
少なくとも歯に関してはグローバル基準の土俵に上がれるくらいには。

このブログは月に2万人程の方に読まれています。
数多あるブログの中では、吹けば飛ぶような弱小ブログです。

しかし、ブログひとつで2万人もの人に自分の声を伝えることができるんですよ。
私がその辺の道端で演説しても、誰も見向きもしないでしょう。

私は、皆さんに歯周病の問題をきっかけにオーラルケア革命を起こし、自分自身の歯にもっと関心をもってほしいと思っています。
皆さんに革命戦士になってほしいと思っています。

どうすれば革命戦士を作ることができるか。
その答えは戦う武器を配ることだと思います。
オーラルケア革命を起こすための武器、すなわち、最高の歯ブラシ、フロス、歯磨き粉です。

そりゃあ、自腹で100万円以上かけて歯列矯正すれば、誰でも嫌でもデンタルIQは高くなります。
しかし、費用も時間もかかり、様々な制限があり、万人に勧めるにはハードルが高すぎます。

本当はホワイトニングも勧めたいのですが、少なくとも2万円程度の初期費用と手間、人によっては多少の知覚過敏があります。
これも少しばかりハードルが高い。

しかし、私が推薦する歯ブラシ、デンタルフロス、歯磨き粉であれば、全部合わせて3000円程で購入することができます。

オーラルケア用品に3000円?
普段300円の歯磨き粉を使っている人からしたら高く感じるでしょう。

しかし、歯周病を放置してこの先インプラントが必要にでもなったら、数十万、場合によっては100万円単位でお金が吹っ飛んでいきますよ。
メンテナンスも大変で、やり直しが必要なケースも多々あります。
歯肉治療で腕の良い歯科医師を見つけるのは難しく、金銭的、精神的負担は計り知れません。

それを考えれば、きちんとオーラルケアするキッカケ、今後の人生を健やかに過ごせるようになるキッカケとしての3000円は決して高くはないんじゃないでしょうか?

けれど本当は、オーラルケア革命の価値ってものは、こんな風に相対的な金額で比較できるものではないと思うんです。
もっと絶対的なものです。

歯が綺麗なだけで人から好印象をもってもらえるんですよ。

白くて綺麗な歯をしていれば、男女ともにモテ度、人気度、愛され度アップは間違いなしです。
友人関係、恋愛関係、仕事関係、何でもいいですが、歯で損してる人って自覚が無いだけでたくさんいるんですよ。

毎日鏡で自分の歯、ちゃんとチェックしてますか?
自信をもって自分の歯は綺麗と言えますか?
それが変わる、そのキッカケになります。
断言します。

歯磨きとフロスだけで見た目が変わる。
こんな簡単なことってないじゃないですか。

ダイエットにしろ、筋トレにしろ、体作りは相当な努力を要します。
週に二回はジムに通って何十キロとあるバーベルを持ち上げたり、何キロも走ったり。
しかも、それを継続しなければ、なかなか効果は出ません。

それを考えれば、歯磨きなんて楽なもんです。
歯磨き習慣自体は皆さんあるでしょうから、道具を変えて、あとは鏡の前で丁寧にやるだけです。

以下の商品がオーラルケア革命を戦う武器です、

歯ブラシはルシェロ

ルシェロはドラッグストアでは取り扱ってないので一般の方は聞き慣れないかと思いますが、歯科素材メーカーGCが展開するブランドで、歯科医療関係者なら誰もが知っている超大手です。
人間工学に基づいたデザインで、使い心地は最高。
コンパクトなヘッドがプラークを効率よく除去します。
見た目も可愛いです。

歯ブラシは月に一度は交換すべきなので、まとめ買いの方がお得です。

デンタルフロスはフロアフロス

ルシェロのフロスも素晴らしいのですが、フロスに関してはオーラルケア社のフロアフロスが半歩上です。
太いのに柔らかな繊維がプラークをごっそり落としてくれます。
デンタルフロスは製品によって出来の良し悪しが大きいので、はじめに粗悪なフロスを使うとフロス嫌いになってしまいます。
是非とも最高品質のフロスを試してみてください。

こちらの大容量タイプであれば半年はもちます。
1mあたりの価格も市販のフロス以下。
それでいて秀逸なデザイン。

歯磨き粉は全薬工業のオーラパール

風邪にジキニンで有名な全薬工業が販売しているオーラパールですが、歯周病ケアと同時にホワイトニング効果もある唯一の歯磨き粉です。
ハイドロキシアパタイトは歯のエナメル質の主要成分です。
ハイドロキシアパタイトが含まれる歯磨き粉で歯を磨くと、目に見えないミクロな傷が修復され、着色しにくい滑らかな歯になり、白く輝く歯になります。
歯周病対策の有効成分も含まれていて、過剰な泡立ちも有りません。

オーラパールはAmazonで購入するよりも以下の公式サイトで購入した方が得です。
2本セットなら音波歯ブラシもついてきます。


以上がオーラルケア革命を戦う武器になります。
長々とした戯言、ここまでお読みになってくださった方は革命戦士の素質十分です。

あとは、武器を取るだけ。

購入は考えてから?
そんな風に思っている方もいるんじゃないですか?

スマホをブラウザを閉じるのはちょっと待ってください。

意識を変えるのは今この時この瞬間です。
今変われない人は、きっといつまでも変われない人間です。
オーラルケア革命、今までの自分とは決別する覚悟をもって、速攻即決で攻める気持ちが必要です。

今私は、スマホ越しにあなたに話しかけています。
20000人の一人一人に革命戦士になってもらうべく話しかけています。

さあ、武器をとってください。

そして、次の歯磨きから鏡の前で丁寧に歯を磨くことからはじめててみてください。

ブログランキング

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)