ルシェロのフロスはデンタルフロスの正道! フロス初心者から上級者まで万人にオススメな一品

Fotor_144470133943446

前回、歯磨きの際はフロスを使うことを勧めました。
今回からは各メーカーのフロスを比較してみます。

おすすめのデンタルフロスを述べる上で外せないのが、ruscello(ルシェロ)のフロスです。

今回、様々なメーカーのデンタルフロスを比較してみて、改めてルシェロのフロスの良さを実感しました。

ルシェロはGCという歯科医院向けの機械・器具を販売している会社のブランドで、歯科医師・衛生士の皆さんからは高い支持を得ているものの、ドラッグストアやコンビニでは扱われていないため、私たち一般人には聞き慣れないブランドです。

私がルシェロを知ったのは、矯正歯科でルシェロの歯ブラシをもらったことがキッカケです。

何気なく使ってみて、はじめはヘッドが小さいなという程度の印象だったのですが、使っているうちに奥歯や歯の側面が磨きやすいことに気づき、さらにグリップのラバーが手にフィットしてハマってしまいました。

歯科専用ブランドだけあって、フロスに関してもドラッグストアで買えるものより頭ひとつ抜けています。

スポンサーリンク

抜群のプラーク除去力

ルシェロのフロスは髪の毛の100分の1の細さの極細なマイクロファイバーを1400本束ねているそうで、プラークの除去力が違います。

そして、このプラーク除去力を更に高めているのが高い吸水力と特殊な繊維の断面。

口の中の水分を吸収して膨らむタイプのフロスはたくさんありますが、ルシェロは繊維の断面が特殊なくさび状だそうで、コレが歯垢を絡め取ります(特にアンワックス)。

確かに初めて触った時に、一般的なツルツルしたフロスよりもボソボソした感覚で綿の糸っぽいなと感じたのを覚えています。

正直言ってミクロな世界のプラーク除去力は私には確かめようがないのですが、使っている感覚としては、ツルツルしたフロスよりプラークが取れている気持ちになります。

歯茎に優しい柔らかな感覚

フロスは痛いから嫌いだという人もいるかと思いますが、ルシェロは極細繊維の束からできており、他のフロスより柔らかく歯肉へダメージを与えません。

特にアンワックスタイプはコットンの糸のような感じで、他のメーカーのフロスよりも優しい質感です。

スポンサーリンク

今回様々なメーカーのフロスを比較してみて、ワックス無しのタイプは歯間に挿入しづらかったものもありましたが、ルシェロの場合はアンワックスでも滑らかに使えますので、フロスに慣れていない人でもルシェロはアンワックスをおすすめします。

カワイイ30mと質実剛健な200m

ルシェロのフロスはアンワックス・ワックスともに30mの容量と200mの容量のものがあります。

小さい方は丸くてカワイイ雰囲気のデザイン、大容量はガツンと質実剛健なデザインです。

ルシェロのフロスの数少ない欠点を挙げるなら、大容量タイプの内ブタがたまに外れるところ。
フロスを勢いよく引っこ抜くとフタが外れてしまう時があるのが玉に瑕。

ご購入はネットで

ルシェロのフロスのもう一つの欠点は購入できる場所が限られている点です。

ドラッグストアやコンビニでは販売していないので、お求めの際はAmazonで。
ポチれば数日で届きます。

高品質なのに低価格

200mの大容量タイプは定価1440円、Amazonなら1100円です(関東なら送料無料)。
これは、1mあたり5,5円。

ドラッグストアで購入できる大手メーカーのフロスであれば、だいたい1mあたり10円ちょっとになるので価格的にも大変お得です。

GCの回し者ではありませんが、もはや市販のフロスを使う理由はありませんね!

独断と偏見による採点

プラーク除去力  ★★★★★
使いやすさ    ★★★★★
デザイン     ★★★★☆
手に入れやすさ  ★★★★☆
価格       ★★★★★

合計 23点(25点満点)

スポンサーリンク
ブログランキング

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)