歯列矯正失敗の原因と対策

SONY DSC

世の矯正経験者には歯列矯正して良かったと感じる人がいる一方で、残念ながら自分の矯正は失敗だったと考えている人もいます。

治療を始めた頃は、誰しも綺麗な歯並びを目指して期待に胸膨らませていたのに、この差はどこから生じるのでしょうか。

歯列矯正失敗の原因について調査してみると、多くの場合、適切なクリニックを選んでいなかったこと、治療のゴールについてクリニックと認識の違いがあることが分かりました。

そこで、今回は矯正失敗の原因とその対策について投稿します。

スポンサーリンク

自分の症例に最適なクリニックを選ぶ

日本では歯科医師であれば誰でも矯正治療を行えるため、一般歯科の歯科医師が片手間で矯正治療を行うなど、技術が未熟でありながら矯正治療を行っているケースもあるそうです。

そうでなくとも、矯正治療は多くの専門知識と経験が必要とされるものであり、一人の歯科医師が全ての矯正治療の知識とテクニックを習得しているわけではありません。

例えば、一般的なメタルブラケットによる治療には慣れていても、stbブラケットやインコグニートの経験はあまりないかもしれません。
目立たない装置で矯正することを求めている場合は、これでは納得いく治療ができません。

また、歯の保存状態が良くない場合等は矯正専門のクリニックよりも、虫歯治療や歯周病治療もできる病院の方が良いかもしれません。

患者に必要な治療とクリニックが提供するサービスが合致していることが大切です。
矯正治療の失敗を防ぐためには自身の症例に合うクリニックを選ぶことが重要になります。

費用とコミュニケーションの問題

矯正ブログを読んでいると、意外にも自分の通っているクリニックへ不満を持っている人が少なくないように感じました。

不満の原因の多くは、金銭的な理由とコミュニケーション不足が多いようです。

前者に関しては、事前に想像していたよりも費用がかかってしまったというということです。

確かに、クリニックによっては矯正費用をホームページに載せていなかったり(そもそもホームページが無いクリニックも存在します)、精密検査しなければ厳密な費用が分からない場合も多いです。

スポンサーリンク

しかし、そうであっても正式な契約を結ぶ前に書面で明確な見積り額を出してもらうことはできるはずです。
トラブルを回避するためには、書面により契約を結び、事前に費用をはっきりさせておくことが大切です。

コミュニケーションに関しては、聞きたいことが聞けなかったり、質問できなかったりして先生に不信感を募らせていくことが多いみたいです。

人気のクリニックの場合は歯科医師の先生も忙しいので、気軽に質問できる雰囲気ではないかもしれません。
職人肌の先生だと接客面で難があるかもしれません。

しかし、真っ当なクリニックであれば患者を邪険に扱ったりすることはありませんし、勉強熱心な患者には好印象を持ってくれるものです。

聞きたいことがあったら、ウザがられない程度に積極的に質問して全く問題ないと思います。

矯正治療のゴールを設定する

矯正治療は審美性を向上させるものでありますが、噛み合わせを良くし機能的な改善を図ることも重要な課題です。

私たち患者は審美面を重視しがちですが、医師は機能性を第一に考えているようにも思います。

あまり無茶な治療計画を立てると、歯が予定通りに動かなかったり、後戻りを起こしてしまったりします。

特に成人矯正で歯の保存状態が良くない場合は、矯正治療のゴールにも影響を及ぼします。

患者とクリニックが治療のゴールを共有するために、セファロ分析等で事前に精密検査を行い、矯正後の歯と顔の印象をデザインします。

患者の努力も歯列矯正には必要不可欠

矯正治療はどんなに腕の良い歯科医師がいても、それだけで上手くいくものではありません。

歯列矯正は短くても1年半、長ければ3年以上かかる長期戦です。

この間、月に1度はブラケットの調整をするためクリニックへ行くこととなるので、定期的に通院できる環境が必要です。

また、ブラケットを装着すると歯磨きがしづらくなり虫歯にもなりやすくなるので、それまで以上に丁寧なブラッシングが必要です。

さらに、ゴムかけ等患者の協力が必要な場合もあります。

これらの患者側の努力も歯列矯正を失敗させないために必要になります。

スポンサーリンク
ブログランキング

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)