歯列矯正の痛みはどれくらい?!~痛みの種類と対策~

210H

歯列矯正は痛いというイメージが世間にはあるらしく、矯正していることを伝えた人には「矯正って痛いんでしょ??」と質問されることがしばしばありました。

実際、私自身も矯正を始めるまではそう思っていました。
しかし実際にブラケットを装着してみると、痛いには違いないのですが想像していたほどの痛みではなかったです。

こちらのページでは歯列矯正の痛みとその対策について説明いたします。

スポンサーリンク

歯列矯正の痛みの原因は2種類ある

矯正の痛みには大きく分けて2種類のものがあります。

ひとつは、ブラケットで歯を動かす時に生じる痛みです。
ジンジンするような鈍い痛みが特徴で、ワイヤーを交換した後にしばらく続きます。
一般的な「矯正の痛み」といったらこちらのことですね。

もうひとつは、ワイヤーで舌や唇が切れることによる痛みです。
これは口内炎に近い感覚です。

これらの痛みは、その原因が異なりますので対策も異なってきます。

歯が動く時の痛みの原因とその対策

矯正治療は、矯正装置で歯へ継続的な負荷をかけることにより骨の代謝を促し、歯並びを整えていくものです。
骨の代謝を促すということは、骨の破壊と再生のサイクルを繰り返すことであり、この時に炎症を起こしジンジンするような痛みを感じるのです。

この炎症による痛みは調整日の後しばらく続きます。
私の場合、調整日の翌日が痛みのピークで2日も経てばほとんど痛みは感じませんでした。
しかし人によっては一週間ほど痛みが続くこともあるそうです。

あまりに痛みがひどい場合は、バファリンやロキソニン等の痛み止めを服用すれば痛みはおさまります。
また食事も、おかゆやスープ、ゼリー飲料やバナナを中心にしたり工夫が必要かもしれません。

スポンサーリンク

私は幸いにも、痛み止めを飲まなければならないほど痛みを感じたことはほどんどなく、調整日の翌日もステーキやトンカツを食べれていましたので、痛みが少なかった方みたいです。

ワイヤーにより口内が切れた時の痛みとその対策

ブラケットを装着したての頃は、ワイヤーで舌が切れて痛むということがよくありました(表側の矯正の場合、舌でなく頬の内側が切れると思います)。
こちらは、歯が動く時のジンジンするような継続的な痛みとは異なり、傷口に何かが触れた時のみしみるような痛さで、口内炎に近い感覚です。

不思議なことに矯正をはじめてある程度の期間が経過すると、舌が硬くなるのか、装置で傷つかない位置を舌が勝手に覚えるのかは分かりませんが、ほとんど切れることもなくなりました。

ワイヤーで舌が切れた時は、矯正用ワックスを使ってブラケットを覆い、舌や唇を保護します。
ワックスはクリニックや楽天などで購入することができます。
私は、ギシグーというメーカーのワックスを愛用していました。

矯正による痛みは個人差が大きい

上でも述べたように、私は痛み止めを飲まなければならないほどの強い痛みを感じたことはほとんどありません。
しかし、私とほぼ同時期に矯正をしていた知人は調整日から3日は食事が辛く、痛み止めが欠かせないと言っていました。

矯正装置の種類、ワイヤーの太さ、治療する人の技術、治療を受ける人の体質等々、様々な要素が影響するのだと思いますが、結局のところ矯正の痛みは個人差が大きいと思います。

いずれにせよ、必ず痛みは落ち着きますので、バファリンを飲んだり、柔らかいものを食べるたりして何とかしのぎましょう。

スポンサーリンク
ブログランキング

コメント

  1. nk-1127 より:

    はじめまして!
    このサイトを見つけて
    読ませていただきました。

    聞いて良いかわからないですが
    私は非抜歯希望でしたので
    精密検査の結果の報告の祭に
    非抜歯で行うがミニスクリューを
    埋め込んで上顎を下げ前歯を下げる
    と言う治療になるけど
    でも、非抜歯だからEラインの変化わ
    綺麗な完璧な仕上がりわならないかも
    と言う話を聞かされました。
    抜歯をしないとやはりEラインの変化わ
    難しいものなのでしょうか?

    • 管理人 より:

      コメントありがとうございます。

      精密検査の結果、インプラントアンカー(ミニスクリュー)を用いて非抜歯矯正をすることになったのですね。

      一般論になりますが、インプラントアンカーを使用しても、抜歯しなければEラインに大きな変化は起こりません。
      非抜歯矯正希望とのことなので、完璧なEラインを期待することは難しいかもしれません。

      ただし、抜歯矯正が必ずしも正解というわけではなく、抜歯したことにより口元が引っ込みすぎてしまったという人もいるようです。

      歯列矯正は時間もお金もかかります。
      不安なようでしたら、セカンドオピニオンを含めもう一度検討されることをオススメします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)