裏側(舌側)矯正のメリットについて

SONY DSC

矯正装置にはさまざまなものがあり、治療方針と患者の歯の状態により装置の向き不向きがあります。
また、歯列矯正は治療を行う術者の腕により結果が大きく左右されます。
そのため全ての人に裏側矯正が向いているわけではありません。

しかし私は裏側矯正をしてみて非常に満足しています。
こちらのページでは、実際に裏側矯正で治療を終えた私が裏側矯正のメリットを患者視点でお伝えします。

スポンサーリンク

矯正していることが他人に分からない

これが裏側矯正一番の利点です。
歯列矯正という言葉を聞いて最初にイメージするのは、ギラギラのメタルブラケット。
子供の頃に矯正するならまだしも、大人になってメタルブラケットをつけるのはだいぶ抵抗がありました。

確かに半年ほどなら我慢できたと思います。
しかし、抜歯矯正の場合は少なくとも2年はかかります。
この間ブラケットをつけ続けるのは。ちょっと厳しい。

この点、裏側矯正ならブラケットが付いていることが他人からは分かりません。
実際、私は3年間の矯正期間中に一度たりとも気づかれたことはありません(指摘されなかっただけかもしれませんが)。
大口開けたところをのぞきこまなければ分からないでしょう。

・人知れずこっそりと歯列矯正したい人
・いちいち矯正してることを指摘されのが面倒くさい人
・メタルブラケットの見た目に抵抗がある人

これらの人は、見えない裏側からの矯正をオススメしたいと思います。

口元が引っ込みやすく、綺麗な横顔になりやすい

私のように上顎前突を歯列矯正で治療する場合は、抜歯したスペースをいかに無駄にしないように前歯を後方へ移動させるかという点が非常に重要です。

スポンサーリンク

裏側矯正は表側の矯正よりも、奥歯の前方への移動を防ぎ効率的に前歯の移動ができると言われています。

もっとも素人からするとインプラントアンカーを固定源として使えば、表側矯正でも奥歯の移動は防げるのでは???と思いますが……

いずれにせよ私の体験では、インプラントアンカーを用いて裏側矯正した私の口元はかなり引っ込みました。

虫歯になりにくい

歯列矯正中は虫歯リスクが高まるので、丁寧なブラッシングで虫歯を予防しなければなりません。
もちろん裏側矯正でもそれは変わりませんが、歯の裏側は常に唾液が循環しており、唾液の抗菌・殺菌作用で虫歯リスクが下がります。

また歯の裏側は表よりもエナメル質が厚く、その点でも表側に装置を付けるよりも虫歯リスクが下がります。

舌の癖による後戻りのリスクが減る

出っ歯の人の中には舌で歯を前に押す癖がある人がいて、その癖が残っていると矯正で歯を綺麗に並べても後戻りしてしまうことがあります。

正しい舌の位置は歯の付け根から1cm下がったところにありますが、裏側矯正の場合はブラケットに当たらないよう正しい舌の位置を舌が覚えるので後戻りのリスクが減少します。

歯の表面へのダメージが少ない

ブラケットを除去する際などに、歯の表面のエナメル質に傷がついて小さなヒビが入るマイクロクラックと呼ばれる症状になることがあります。
裏側矯正であればマイクロクラックの心配がありません。
マイクロクラックは歯列矯正の他、歯ぎしりなど歯に強い力が加わった時にもできます。

ホワイトニングができる

裏側矯正であれば、ホワイトニングをすることができます。

マウスピースをはめるタイプのホームホワイトニングはできませんが、テープタイプのホームホワイトニングとオフィスホワイトニングをすることができます。

スポンサーリンク
ブログランキング

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)